ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

チキンゲームが続く米債務上限引き上げ、
要人発言には注意を!

2011年07月27日(水)18:52公開 (2011年07月27日(水)18:52更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 為替相場ではドルの全面安が続いている。債務上限の引き上げ問題に端を発するアメリカの格下げに、マーケットの方が神経過敏になっているようだ。ユーロドルは日足のレジスタンスも抜けてきて、 さらにドルを買いにくくしている。ドル円は再度の口先介入にも関わらず、安値張り付きをしているばかりで、反転する気配が見込めない状況である。

 昨日はアジア時間にインド中銀が50ベーシスも利上げをしたが、為替市場においては主要通貨には影響を及ぼさなかった。欧州時間では若干のドルの買い戻しが見られたが、ほどよい調整の場を提供しただけにとどまって、ニューヨーク勢が参入したころには再びドル売りモードへ。市場のテーマがアメリカの政治に絞られているので、経済指標などでは為替相場は動かない。

 ニューヨークのランチタイムを過ぎてからは、ドルは安いところでステイしたまま動かなくなった。ただニューヨーククローズのラスト1時間で米国株は大きく値下がりを演じ、引け味は悪いものとなった。ドル円はついに77円台でクローズを迎えてしまった。これは震災後の円高局面でもなかったことだ。

 過去の経緯を振り返ると、米債務の上限引き上げは、もめても解決しなかったためしがない。そのためか資本市場としては落ち着いている。格下げの対象となっている 米国債はとても高いままだ。すくなくとも先物ベースで見ても、ことしの最高値圏にいることは間違いない。実態はだれも心配などしていないというところだろう。

 現実問題としては、共和党が1兆ドルの上限引き上げを要求しており、オバマ大統領は3兆ドルを望んでいる。それは政治的な立場のちがいによるもので、共和党は円先の半年持てばよいという考えである一方、オバマは大統領選の終りまで持たせたいという意向。つまり8月初旬はどちらに転んでも、なにも起こらないということだ。

 これまで売り込まれきたドル安の反動の方が大きそうだ。私はこまめにロスカットさせられながらも、さらにドルが値下がったところでドルを買っていくの繰り返しで、粘ってみるつもりだ。どの時点でドルが反発するのかは見えないが、やるだけの価値はありそうだ(笑)。

 今晩も経済指標よりも、要人発言などに要注意。しかし、なんといっても、いきなり飛び出してくる要人発言には、警戒しても意味がないので、為替相場のプライスの異常な値動きをよく見ておきたいと思う。


日本時間 18時45分


 

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る