ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

8月2日までの円売り介入はない!?
与謝野発言で介入警戒感が後退!

2011年07月28日(木)14:48公開 (2011年07月28日(木)14:48更新)
西原宏一

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

 豪州の第2四半期CPI(消費者物価指数)が強めの結果となったこともあり、豪ドル/米ドルは、ついに1.10ドル台に乗せてきました。

豪ドル/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 日足

 ギリシャの債務問題が解決したとは言えないにもかかわらず、ユーロ/米ドルでさえ、7月27日(水)には一時1.4537ドルまで上昇しました。

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 このように、米ドルは全面安の展開です

■8月2日までは為替介入が行われない!?

3月の震災時の円高とは異なり、足元の状況は「主要通貨に対して米ドル全面安の展開」であるため、市場介入の可能性は限定的です

 7月28日(木)の午前中に、与謝野経済財政相が「円高阻止介入については、米国のdebt ceilingの行方を見極める必要があり、介入の1つのメドとしては交渉期限である8月2日(火)以降の可能性」と発言したことが伝えられました。

 これは逆に言うと、8月2日(火)までの介入警戒感が後退したことになります

米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

 ともあれ、今週後半も米国の「debt ceiling問題」の行方に注目です。

米ドル/円は引き続き、加速することはありませんが、ジワジワと76.25円に向けて下落する可能性が濃厚ではないでしょうか?


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 経済指標速報記事 田向宏行
トレーディングビュー記事 経済指標速報記事 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る