ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロは安値に張りついたまま、
ユーロ圏からの要人発言には気をつけたい

2011年10月03日(月)19:06公開 (2011年10月03日(月)19:06更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 まったくパターン通りのお決まりになってきた感じだ。水曜日も木曜日もEFSF拡充のための議会承認を前に、リスクテークの相場展開となっていき、ユーロ円がリードする形でユーロ買いが進む。そして承認が確実になると、材料出尽くしでユーロの利食い売りが発生する。フィンランドの場合もドイツの場合も、議会をパスするのが事前の予想だった。 

 それなのに同じことを繰り返すのは、なんだかバカげているとしか言えない面もある。そもそも救済の仕組みを拡充したところで、ギリシャの負債のあり方が少しでも軽減するわけではない。議会で7月の拡充案が承認されても、それがすべての始まりでしかないわけで、今後がどうなるのかは運用のいかんにかかってくるのである。

 金曜日はオーストリア議会の番だった。私はアジア時間からユーロドルのショートポジションを少しだけ持っていた。コストが1.35台の後半だったので、1.35台の前半まで押し込まれて始まった欧州市場では、比較的に安心していられる位置につけていた。オーストリアの議会の決定が出たら、余裕があるので売り増してみよう。

 そして日本時間の21時過ぎにオーストリアでも承認が得られたようだ。すでにグローベックスでの米国株も大きく値下がりを始めている。今日も同じパターンかと思いながら、私もユーロドルを1.3466で売り込んだ。ショートを増やす分には、安ければ安いほど良いというものだ。

 米国株が始まっても株安の流れは変わらない。出てきた経済指標は押しなべて良いものが続いたが、それがむしろドル買いを指そうという一面もあり、ユーロドルは目先が重くならざるを得なくなった。私は土曜日の早朝から出張をひかえていたので、早めに寝ることにした。今週の安値である1.3360あたりまでは望めそうだと思って、利食いは1.3375で、ロスカットは1.3490で置いておいた。

 私の週末のOCO注文はダンにならなかったが、今日の朝は1.3350を下回って為替相場は始まっていた。この後、もっと差し込むかもしれなかったが、いったんは全部を買い戻した。今週はEU財務相会議や独仏首脳会談もひかえている。また期待だけでリスクテークになってしまう恐れもある。このためショートを持ちっぱなしにするのも危ぶないと思うからだ。

 先週末のアメリカの経済データは悪くなかったのだが、コダック社の倒産のウワサによってすっかりかき消されていた。先行きに対する不安心理はなかなか強いのだろう。

 今晩はアメリカのISM製造業の数字が出る。辛うじて境目となる50をキープしているが、ついに割り込んでくるようだと、またムードは一気に悪化してくるかもしれない。とりあえずユーロ問題はちょっと脇において、ドル売りで構えたいと思っている。だがユーロについては、基本はベアスタンスなので、戻りはまた売るつもりだ。


日本時間 19時00分

 


 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る