ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ギリシャ国民投票また混乱の引き金に?
引き続きユーロ円を売り目で見る

2011年11月01日(火)19:00公開 (2011年11月01日(火)19:00更新)
持田有紀子

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日は為替介入があったが、市場の盛り上がりはイマイチだ。ここ1年近くの間で4回目の介入になるのだが、去年の9月は民主党代表選の直後で85.93まで4円ほどの上昇。次は今年3月の震災後の株安によるリスク回避が激しくなったときで、介入当日は82円ちょうどまでと、これも発射地点の78円台から見れば4円幅。

 そして8月初旬のアメリカ議会でもたついて、その上、アメリカが格下げされたときのドル安による76円台からの介入では80.22までと、これまた4円幅ほどだった。今回も介入はしてもだいたい4円幅が目安になっている。追随してドル円を買おうというプレーヤーもそれ以上はついていかない。75円台から始まった介入は見事に4円幅ということで79円台のトップをつけた。

  先週までのマーケットのテーマは、欧州の信用不安の解消であった。それゆえに欧州株の急激な上昇も起こり、米国株も安いどころか今年の最高値に接近することとなった。またユーロの買い戻しも大きく入り、ユーロドルは今回の騒動での安値である1.31台から1000ポイント以上の上昇をし、1.42台まで見ることとなった。逆にいうと堅調なユーロが資本市場の回復を裏打ちしている状況が続いていたのだ。

 ところが日銀のドル買い介入によって、ドルの需給が急速にタイトになった。FOMCでドルの緩和を目論んでいると言われるアメリカの金融当局からしてみれば、間逆のことが起こっているのだ。

 私としても4円幅まで上昇したドル円の79円台を売り込んでいくか、それともドル高に見舞われているユーロドルを売っていくかの選択に迫られることになった。昼間はドル円を少しロングにしては20ポイント程で利食うということを繰り返していたが、夕方以降はもうそんなことはしていられない。でもさすがにドル円をショートにするのは完全に逆張りなので、気が進まない。夜中にも介入がないとも限らないし…。

 欧州時間ではドル円は77円台にまで下がってきている一方で、ユーロドルも1.4000をはさんでの展開であった。ユーロドルは1.4100や1.4000でしっかりとサポートされるものと思っていた私としては、簡単に1.39台も見てしまうとなるとちょっと意外。それだけドル買い圧力が高まってしまったのだろうと想像する。ユーロドルはすでに200ポイント近くも落ちてきているのだから、苦しいロングも相当ありそうだ。

 またユーロにリスクの照準を合わせたようなヘッジファンドやシステム系などから、ユーロ安からリスク増大を意識した株売りが大量に出ている模様で、グローベックスでの米国株は速い時間から大きく値下がりしている。こうなったら一段の利食回避に賭けたほうが面白そうだ。ドル円もアップサイドに限界を見出しており、ユーロドルもさらに落ちそうだと感じているのだから、ユーロ円を売るしかない。

 介入があった当日に106円台から111円台まで持ち上げられて、ちょっと勇気のいることだったが、私は欧州市場の序盤でユーロ円を109.45でえいやあと売ってみた。110円まで戻りを待ちたかったのだが、短い時間のチャートを見ると、欧州時間に入って110円台からの下げも急で、とても埋めきれそうもなく見える。そこで自分のストップも109.80にした。

 しかし自分がポジションを持ってからの動きは、まあのろいこと!ユーロドルのさらなる下落により、ユーロ円も108円台にまで落ちてきたが、とても勢いがない。これはちょっと長期戦の構えになるかもしれない。そのままストップ注文だけ置いて、しばらく様子見。夜中の押し目も108円台のローまでで、朝の介入もどきで再び109円台まで押し返された。

 しかし本日の欧州時間になって株が大きく値崩れ、ユーロ売りが加速。自分のターゲットとして昨日の発射点である106円台までは見たいところだったが、一度106円台に突入してきたので利食いをした。

 ギリシャでは首相が国民投票をすると発表して、これがまた欧州の混乱につながる可能性も捨てきれない。イタリアの国債利回りもなかなか下がる様子がない状況が続いている。昨日は米国株も大幅下落をしたが、まだまだ高いレベルなので下げる余地は十分にあるので、またも売り場を探している。

日本時間 18時45分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月14日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 経済指標速報記事
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る