ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ギリシャのユーロ圏離脱でドラクマ復活も!?
ECB理事会で積極策が出る可能性低い。

2011年12月08日(木)15:38公開 (2011年12月08日(木)15:38更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 みなさん、こんにちは。

 注目のEU(欧州連合)サミットを週末に控え、今週のユーロ/米ドルは神経質な展開が続いています。

 そのEUサミット前に、12月8日(木)にはECB(欧州中央銀行)理事会も開催されます。

■ECBの利下げは0.25%? 0.50%? その後の展開は?

 12月8日(木)のECB理事会ですが、市場のコンセンサスは25bp(0.25%)の利下げで、一部には50bp(0.50%)の利下げを予測する市場関係者もいるようです。

 もし、50bpの利下げが決定すれば、いったんは、ユーロに売り圧力がかかるでしょう。

 ただ、EUサミットを控えているために、ユーロ売りとなっても一時的なものに終わると思います。

各国政策金利の推移

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:各国政策金利の推移

重要なのは、「ECBが国債買い入れの規模を拡大」のような積極策が打ち出されるのかという点です。

 ただ、そのためには、EUが財政規律を強化することが条件となるため、市場が期待しているような積極策が出てくる可能性は低そうです

■ユーロは「期待と失望」が交差。対スイスでは1.3フランへ

 さて、マーケットでは今週、格付け会社のS&Pがユーロ圏15カ国とEFSF(欧州金融安定化基金)の格付け見通しをネガティブ・ウォッチ(引き下げ方向)に指定したことに注目が集まっています。

 今のところ、マーケットはEUサミット待ちであるため、大きな反応は見られません。

 ただ、こうした動きはユーロのみならず、リスクアセット通貨である豪ドル、ブラジルレアル、南アフリカランドに対してもマイナスであるため、格付け会社の動向への警戒感が高まっています。

 今週に入ってからのユーロは「期待と失望」が交差しており、1.33~1.35ドルの狭いレンジで方向感の出ない相場展開を見せています。

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 EUサミットを控え、ヘッドラインと思惑のみで動いているようなものであり、これは仕方のないところですね。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る