ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ギリシャのユーロ圏離脱でドラクマ復活も!?
ECB理事会で積極策が出る可能性低い。

2011年12月08日(木)15:38公開 (2011年12月08日(木)15:38更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 ユーロ/米ドルやユーロクロスが方向感なく乱高下する中で、ヘッジファンドの間で確率が高いと注目されているのが、ヒルデブランド総裁のSNB(スイス国立銀行)の動向であり、ユーロ/スイスフランに注目が集まっています

ユーロ/スイスフラン 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/スイスフラン 日足

 こちらは紆余曲折しながらも、1.3000フランに向けて上昇するといった予測が増えているようです。

■ギリシャでドラクマが復活する可能性も出てきた!?

 前述のように、今週のユーロ/米ドルはレンジに入り込んでおり、大きな動きはありません。

 しかし、ユーロ圏では事態の悪化に備え、いろいろなシミュレーションが始められたようで、マーケットでは、「ドイツ政府が、ギリシャがユーロ圏から離脱した場合のシミュレーションを行っている」とのウワサも聞かれます。

 事実として、金融仲介取引業者で、次のようなシミュレーションをすでに始めているところもあるようです

「世界最大の金融仲介取引業者の英ICAPは、一部の国がユーロ圏から離脱して旧通貨を再び採用した事態を想定し、新たな通貨に対応できる為替取引システムの準備を進めていることを明らかにした。

 広報担当者によると、世界最大の為替取引プラットフォームである同社のEBS(電子取引システム)について、ギリシャがユーロ圏から離脱して旧通貨ドラクマを復活させた場合に対応できるかテストを行っている。

 同担当者は、テストは複数の顧客が懸念を表明したのを受けてユーロ/ドラクマと米ドル/ドラクマという2つの通貨ペアの取引について6カ月にわたり実施したが、これによって、ドラクマ以外の通貨が複数が加わった場合にも対応できると説明した」(出所:ロイター 「ユーロ圏崩壊に備えた為替取引システム準備、ギリシャのドラクマ復活など想定=ICAP」より)

 これは、ギリシャの旧通貨であったドラクマが復活し、ユーロ/ドラクマとか米ドル/ドラクマといった通貨ペアが誕生した場合のシミュレーションが行われているというものです。

 ドラクマ復活の可能性はかなり低いはずなのですが、事態が悪化しているため、そうしたシュミレーションも行われているのでしょう。

 来年あたりに、銀行間で、EUR/GRD(ユーロ/ドラクマ)やUSD/GRD(米ドル/ドラクマ)といった通貨ペアが取引されている可能性もあり得るといった様相です。

本当に重要なのは、「ユーロ共同債」についてのドイツの対応であるはずですが…。

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 いよいよ、ユーロの行方を大きく左右するEUサミットが今週末に開かれます。

「EUサミットで重要な決定が行われる=メルケル独首相」(出所:wall street journal 12月7日)

 週明け、12月12日(月)のユーロ/米ドルは、どのレベルから始まるのでしょうか?


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る