ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

QE3発表のごとき効果のあったFOMC
消化具合によってはドルロングの仕込み場か?

2012年01月26日(木)17:55公開 (2012年01月26日(木)17:55更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日はFOMCに臨もうと思って、張り切って(?)22時くらいに寝た。ユーロドルが1.29台のミドル案で落ち込んでいたが、レンジ取引と割り切っていたので気にせず就寝。でもユーロドルは1.2930あたりまで差し込んでいた。夜中の2時に起きたら1.28台に突っ込んでいるのか、それとも1.30台を回復しているのか。FOMCを前にしてダイナミックな動きは期待できそうもないが、リアルタイムで付き合うことになる。

 夜中の2時。ユーロドルは若干戻して1.2970くらい。大きな動きはなかったようだが、ドル円が78.30近くまで上がっていた。つまりドル高の方向に動いたということだ。FOMCの決定にあまりドラスティックな変化は求められない以上、このままドル買いのスタンスで臨むべきなのかが重要なポイントとなる。2013年の半ばまで続けるという超低金利も、今年に入ってからの株高をながめれば、声明文からその文言も削られるかもしれない。そうなると強烈なドル高になるのだろうなあ、というのが私の見解である。

 最近はFOMCでは為替相場もあんまり動かないので、多少なりとも気がゆるんでいた。ユーロドルが下がり出したら、そこから売ればいいし、ドル円がさっきの高値を更新してきたら追撃買いしてみようとか考えていた。しかし実際は2時半の結果発表とともに、すぐに急激なドル売りが起こった。なにがしらドルに取って悪い話が出たに違いない!

 ユーロドルはアッという間に1.30台に乗せてきて、さらに上値を追う。ドル円はあっさりと78円台を割り込んできた。何のサプライズかはわからないが、私も素直にドル売りで臨んだ。とりあえず取引画面の開いていたユーロドルでロングにした。1.3024だったが、事情を知らないだけに怖い。すぐに売りのストップ注文を1.2999に置いて、安全だけは確保。それからニュース記事を読みにいった。

 声明文のブリーフ版を探し出して読んだ。国内景気は持ち直しているとか、インフレ目標は+2.0%だとかいうのは、前から言われていたことで想定の範囲内。ただ超低金利を2013年までと言っていたものが、2014年の後半までとある!どうやらこれに過敏に反応したようだ。実際にアメリカの中長期債も価格が上昇している。米国株も上がってきてはいたが、ペースがのろい。

 このままではユーロドルの上昇も続かないのではないかと思い、相場は1.3050を越えてきてはいたが、今月の高値である1.3077の一歩手前ということで@1.3074に売り注文を即座に出した。ちょっと1.3050近辺でもんだ感じもしたが、なんとか私の利食い売りが出来た。しかしそれがダンになった途端にユーロドルは1.31台まで急上昇。まあ、それもそのはず。今年のフレッシュハイの領域に突入したのだから・・・。

 とりあえず早起きしたのは無駄ではなかった。その後のバーナンキ議長の記者会見まで見ていようかと思ったが、やはり眠くなってきた。そしてもう一度、眠りにつき、遅れて会見を確かめると、バーナンキ議長はさらなる景気刺激策の余地もあることをほのめかしていて、米国株はニューヨーククローズ間際に一段高した。これで実質的には金融緩和、QE3をやったのと同じ効果の相場の展開となった。

 今日は、昨日のそうした動きの確からしさを見極める一日となる。FRBの金融緩和に対する姿勢が明確になったとはいえ、またそれがサプラインジングなものであったにせよ、ネクストアクションで相場はどちらに行こうとしているのか。昨日の材料をどの程度まで市場は消化できたのかを探らねばならない。

 アジア時間だけに限っていうと、調整気味の感じと言える。すなわち昨日の動きはやり過ぎだということである。欧州時間での、少なくともロンドンのランチタイムくらいまで見ていても、調整の流れが変わらないようだったら、今夜にでも全戻しする可能性もありうる。もし押すようであれば、ニューヨークのオープンまでにドルロングのポジションを仕込んでおきたいものだ。

 

日本時間 17時50分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

当サイトからの口座申込者限定!条件達成で特別に3000円プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
経済指標速報記事 メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る