ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

為替相場もFOMCからの調整モード、
期待の高いGDP後はクロス円売りかな?

2012年01月27日(金)18:28公開 (2012年01月27日(金)18:28更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 FOMCの結果が出て、大きくドル安が進んだ。昨日のアジア時間ではその調整ということでドルの買い戻しが入ったが、それが本格的な動きとなることはなかった。私もこのままドルが売られていくのか、それともやり過ぎだったということでドルは反転するのかを、最大の関心を持っていたのだが、欧州時間に入るとドル売り圧力が高まり出した。

 ドル円は77.50も一瞬、割り込んできた。またユーロドルも1.3130を上抜けてきたころから上昇に勢いがついてきて、1.3170くらいまでジャンプアップ。イタリア国債の入札があったが、それが無事に通過したことよりも、通常の流通市場において10年ものの利回りが6.0%を下回ってきたことのほうが大きい。それがマーケットに相当の安心感を与えたようである。

 リスク許容度も高まって、クロス円も上昇。ユーロ円は102円台に到達した。ニューヨークオープン直後にはリスクオンの姿勢が明確になって、米国株はさらに高値追い。株価指数は今年の最高値を更新してきて、ユーロ円、ユーロドル、ユーロポンドなどはどれも高い位置での、住宅関連の指標待ちとなった。

 私は一日だけ様子を見たいというスタンスを変えていなかった。果たしてFOMCの示した通りの方向にそのまま流されるのかどうかを判定するには、次の日の日足の形を確認してからでも遅くはないと思ったからだ。どうも調子が良いとはとてもいえない今の私である。無理をするつもりはなく、安全第一で行こうと思っている。

 ともかく夜中の0時まではリスク全開だった。しかし新築住宅は-2.2%となり、予想を下回った。住宅関連のデータはこのところ、悪いものが続いている。住宅は生産にも消費にもいちばん重大な影響を与えるファクターである。これをうけてそれまでの流れが反転した。すべてのマーケットでリスクオフの動きがみられ、株価は急落。原油価格も100ドル台までつけていたのに、こちらも急落。

 ユーロ円は102円台を滑り落ち、ユーロドルも50ポイントほど下がった。私の見たい相場はここまでだったので、すぐに寝ることにした。FOMCをライブでつきあってしまったせいで眠くてしょうがない。

 今日はアジア時間はまだ旧正月モードだし、夜の米国GDPまではとりあえず様子見モードが強くなると思っていた。確かに為替市場全体の動きは鈍くはあったのだが、FOMC後の動きの調整が進むこととなった。ユーロ円はさらに値を下げ、ドル円はランチタイム以降に77円台の前半まで突っ込んだ。さらに本邦勢のクロス円の売りによってドル円は76円台に突入。

 今晩はアメリカのGDPが出る。予想はプラス3.0%となっており、すでにかなり高めの数字が出ることが想定されているようだ。個人消費についてもプラス1.8%となっている。10-12月がそれほど良かったのだろうのか。クリスマス商戦も普段通りに終わったようだし、昨日出た住宅関連のデータを見ても、それほど劇的な回復を示しているようにも思われない。

 そういうわけで私はGDPの発表前に盛り上がったところをリスク回避の方向にポジションを張ってみようかと思っている。ユーロ円の102円台などがもしあれば、それを売っていくつもりだし、ユーロドルの1.31台の後半でもあろうものなら、喜んで売ってみたいものだ。ドル円の78円台でもよいが、すでに遠い。今月最後の大相場かもしれない。


日本時間 18時20分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る