ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ円ついに安値を更新!
すっかり暗いムードで迎える雇用統計

2012年06月01日(金)17:58公開 (2012年06月01日(金)17:58更新)
持田有紀子

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

 昨日の海外市場では、欧州時間に信用スプレッドの拡大で、米国時間に入ると悪い経済指標が並んだこともあって、リスク回避の動きが極端に出ることとなった。ニューヨークの午前ですでに米国債は歴史的な水準をクリアしてきて、10年ものの利回りは1.530%にまで達した。

 同時にドイツ債も1.20%を割り込んでくるなど、世界中がパニックに陥っている瞬間であった。その間も歩調を合わせてクロス円は売られ続け、ユーロ円は96円台に突入し、ポンド円は120円の大台を割り込む直前まで押し込まれた。

 私は夕方からユーロドルが1.24台を回復したあたりからユーロ売りをしていったのだが、いつもならばそろそろ落ち始めてもよさそうな時間帯になってもしっかりしていた。ほんの数ポイントだったが持っているのがイヤになってやめてしまったのである。ADPを見てから場合によっては売り直そうと思っていたのだが、最近はユーロドルとの相性が悪い~。

 ビューは当っているのだが、どうも入りどころに苦戦していて、無用なロスカットをさせられてしまっている。ここは趣を変えてユーロ円でやってみよう。今年1月に付けた今年の最安値である97.02まであと少し。これを抜けたところでショートメークのストップ注文でも置いておこう。米国株も下がってきているし、リスク回避としてはうってつけだ。

 ちょうど日付けが変わるころにユーロ円は下抜けした。今回は気持ちよくブレークした。抜けるとノンストップで50ポイントほども飛んだ。通常であれば私も追いかけて売り増すところなのだが、月末である。損益をブラしたくない。すぐに利食って寝ることにした。ネクストアクションは月が変わってからだ!

 今晩は雇用統計。昨日出たADPの数字が悪かったことで、今日の雇用統計も良くはないだろうとされている。就業者数の事前予想は15万人前後の増加が見込まれていたが、構えとしては、みなこれが10万人くらいまでに下がってきているようにも思う。つまり10万人増よりも多ければ、やれやれということで安全資産外しが促進され、ややリスクテークに流れるのではということだ。

 ここ2カ月くらいはリスクテークに飢えているのだ。したがって良い方向が出た際のサプライズでの勢いも、大きいものとなるかもしれない。マーケットで大きい方の値幅を取りにいくのであれば、リスクオンの方向、すなわちクロス円のロングで構えるほうが面白そうだ。反対にペイロールがちょっと10万人増を下回ったからといって、それで相場が走るかどうかとなるとなんとも疑わしい。

 すでにいっぱいいっぱいに米国債などは買い進まれており、国債をリスクヘッジで保有している人もすぐに手放したいような高水準なのである。値段が上がりにくいというこうとは、そちら方向にポジションを傾けてもやられるリスクの方が高くなっているということ。悪い場合には反応が鈍いのではないかというのが私の観測である。

 しかし実際にユーロ円が95円台にまで突っ込むこともありうるわけで、どうすればよいかと考えると、第1回目の差し込みではクロス円を拾っておく。しかもかなり深いところ。それを債券相場の具合を見ながら対処していくしかないだろう。もし30分くらい投げずにロングをキープできて、米国債の価格が上がりそうもなければ、たとえ雇用のデータが悪かったにしてもクロス円のロングは持ち続けても、やがてはワークするのではないかと思う。


日本時間 17時30分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
jfx記事 トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る