ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

意表をついた中国の利下げ
雇用統計では敢えてユーロ売り

2012年07月06日(金)17:49公開 (2012年07月06日(金)17:49更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 昨日は欧州の金融当局の行動に注目が集まった。しかしマーケットのコンセンサスとして、すでにイギリスは量的緩和の拡大、ECB(欧州中銀)は25ベーシスの利下げを完全に織り込んでしまっていたので、市場の関心はドラギ総裁の会見の内容となっていたはずであった。それでもBOE(英中銀)が発表すると同時にグローベックスでの米国株が急騰。

 内容はまったくの予想通りなのに、なんかおかしいと思った。どうやら中国も利下げを決定したらしい。前回に引き続き、BOEと同じタイミングでの突然の公表だった(笑)。これに反応したとわかれば対処の仕方も容易になる。株価が上がっているのだから、リスクテークとしょうしてクロス円があがりたくて仕方がない様子。

 しかしユーロドルが1.25台の前半でまごまごしている。やはり後のECBの利下げやドラギ総裁のコメントを見たいという感じだ。私はユーロベアにはなりきれなかった。すでにユーロの利下げはかなりの部分を価格で織り込んでいるはずだし、ここから売り込んでいくには他の材料が必要だろうと考えていたからだ。むしろ1.24台に差し込んだならば、ユーロ買いで入ろうかとも思っていた。

 ところが実際にECBの利下げが発表された後のユーロの下げは険しく、ユーロドルだけならば私もトレンドフォローで売りに追随していけるのだが、見るとユーロクロスの下げがひどい。ユーロポンドは0.79台に入っているし、ユーロ円も98円台が見えだしている。ユーロの全面安には一時的になるとは見ていたが、こんなに深押しするとは思わなかった。

 結局、金利会合の前後ではユーロに手が出ずじまいだったが、アメリカの時間帯になってADP雇用指数が出ると、なんと予想の倍くらいの就業者数となった。これは純然たるドル買い材料ではある。やっとユーロドルがベアになりかけていた私の背中を押してくれるような材料となった。売ったのは1.2418だ。なんとも、、、すでに100ポイントも下がっている。しかし仕方がない。テクニカルポイントもないフレッシュゾーンなので、とりあえず自分のコストから逆算してアゲインストの20ポイントでロスカットすることにした。

 ドラギ総裁のコメントは至極一般のものであって、一部に期待されたような次回以降も利下げや緩和に積極的に取り組むといったようなものでは全然なかった。過度な期待が失望に変わった。ユーロの全面安はますます強まったが、だからといってリスクオフになるわけではなく、欧州株や米国株の下げ幅も限定的。売り一巡して株価が戻ってくると、私は1.2388で買い戻した。ユーロドルはたくさん動いたのに、少ししか取れなかった(涙)。

 さて今夜はアメリカの雇用統計である。どう反応するのかが難しい。昨日ADP指数が良かったことで、当然のごとく、今回のペイロールも15万人くらいになっているのかもという前提でリスクテークに励むという見方がある。その一方で、しょせんはADPとは違うのだということで、かねてからの事前予想である10万人の増加くらいがやっとだろうという見方だ。

 現状のマーケットだけから判断すると、さほどリスクテークするには至っていない。昨日の金利会合の後遺症で、緩和期待の後退でややリスク回避の方向に向かっているようである。確かに1回だけの雇用統計よりも、今後の金融政策の行方のほうのウェイトが大きいはず。そういうわけで今ひとつ、雇用統計に対する期待が高まっていない。

 事前の予想の数値と関係なく、10万人を越えてきても反応しかねるのかもしれない。予想の数字よりも高くて当たり前ということになってしまっているのだから、ここはひとつ本当に10万人前後であった場合や、考えにくいことだが下回った場合のほうがマーケットは文館に反応しそうである。

 昨日のようにユーロ売りとドル買いの材料のミックスになりそうな気がする。雇用が良ければ素直にドル買い、雇用が悪ければADP指数とは違うということでリスク回避になってユーロ売り。つまりどちらにしてもユーロドルのショートで構えた方がよさそうだということだ。

 ちょっと1.23台まで差し込んでしまったユーロドルは、確かに売りづらいものがある。今年の最安値である1.2288まで後100ポイントもない。これではもう底を売るのと同じようなものだ。しかし行くときは行くものである。1.21台まで突っ走って欲しいなどという贅沢はいわないが、1.24台で売ってタイトストップを置いて、ユーロドルをショートにしていくつもり。


日本時間 17時20分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ
メキシコペソ比較 田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る