ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

LINEFXがザイFX!限定キャンペーン実施中!1Lot以上の取引で通常5000円にさらに1000円ついてくる!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
バックナンバー

GMMAチャートで読み解く米ドル/円相場。
中長期トレンドに重大な変化あり!!

2012年07月13日(金)17:56公開 [2012年07月13日(金)17:56更新]

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 7月12日(木)に豪ドル、英ポンドは対米ドルでの下げ幅が対ユーロでの下げ幅よりも大きかった。

 これがユーロクロスのスピード調整の兆し、ユーロ/米ドルのスピード調整の兆し、さらにはドルインデックスのスピード調整の兆しと読み取れるなら、7月13日(金)にユーロ/米ドルの反発があってもおかしくなかろう。

■米ドル/円はこれから下がるのか? 上がるのか?

米ドル/円に関しては、中長期スパンではやはり日米金利差が重要なカギとなるから、足元で低下し続けている米金利の低下は円高リスクとして意識せざるを得ないだろう。

 それにしても、日銀の「無作為」にもかかわらず、米ドル/円は狭いレンジの変動に留まっているから、想定よりも底堅いとは言える。

米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 一方、リスクオフの基調が高まっており、米ドル/円はなかなか80円の節目をブレイクできない状況にもある。一部の市場関係者からは、「円安局面が終わり、円高トレンドへ復帰する」といった見方も出始めているが、果たしてそうなるのか?

 このような疑問に答えるべく、今回はGMMAチャートをもって検証したいと思う。

■中長期の流れを一目瞭然に把握できるGMMAチャート

 数多くのテクニカル指標やチャートがある中、中長期スパンにおいて、誰でも相場の流れを一目瞭然に把握できるという意味で、GMMAチャートの右に出るものはないと思う。

 GMMAチャートは計12本のEMA(指数平滑移動平均線)によって構成されている(※)。そして、それらは短期組(6本)と長期組(6本)に分かれており、それぞれ「投機者」と「投資者」の行動パターンを表している。

 具体的な説明は拙作『FX最強チャート GMMAの真実』(扶桑社)に譲るが、短期組と長期組の位置関係、また短期組と長期組の距離や各組内移動平均線同士の位置関係と距離に注目すれば、おのずと理解できると思う。

(※編集部注:「EMA」とはExponential Moving Averageの略で、移動平均線の一種。単純な移動平均線よりも、より現在に近いレートを重視して算出されるもの)

■米ドル/円のGMMAチャートに重大な変化が!!

 下のチャートは2007年の高値から現在に至るまでの米ドル/円の値動きを示している。ピンク色の6本の線は長期組、青色の6本の線は短期組とみなす。まず重要なのは、2つの組の位置関係を観察することだ。

2007年7月以降、長期組線の下に短期組線が位置しており、これが2012年2月後半まで続いていたことがわかる。

米ドル/円 週足(クリックで拡大)

(GMMAチャート提供:アイネット証券)

 長期組は周期の長い売買コストを表し、また、マーケットにおけるビッグプレヤーの行動パターンを代表する。そして、短期組は周期の短い売買コストを表し、また、短期投機筋の行動パターンを意味する。

 2007年以降の長い間、短期組線が一貫して長期組線を下回っていたことは米ドルの価値が一貫して低下していたことを意味しよう。

 なぜなら、日々の売買コストが低下しており、また、過去に遡るほど売買コストが高かったのだから、米ドルの価値が低下していることは明白だからだ。すなわち、ベアトレンド(下落トレンド)の継続である。

 短期組線は時に長期組線から大きく離れたり、時には長期組線超えを打診したりする場面が何回もあったが、結局、2012年2月後半までは長期組線を上回れなかった。

 短期組線と長期組線の乖離はベアトレンドの加速を意味し、接近はスピード調整を示す。そして、長期組線は短期組線を一貫して上回っていたのだから、メインプレーヤーたちの行動パターンは米ドル安局面が続くことを示唆していたと言える。

 つまり、2012年2月後半まで、米ドルを本格的に買ってはいけないことがはっきり示唆されていたのだ。

 しかし、2012年2月以降、状況が違ってきた。短期組線が長期組線をついに上回ったのだ。これは2007年7月以来の出来事だっただけに、その意味は重大である。

 また、現在の状況をどう見るべきかも大事だが、スペースの都合もあり、このあたりの解釈はまた次回に。

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2810人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110061人 ザイFX!のtwitterをフォローする

GMOクリック証券[FXネオ]
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
外貨ex byGMO[外貨ex] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
外貨ex byGMO[外貨ex] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)