ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

スペイン民間銀行の不良債権比率8.95%!
景気回復はまだ先か…ユーロ売りを継続!

2012年07月19日(木)14:51公開 (2012年07月19日(木)14:51更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 みなさん。こんにちは。

 今回は少し趣向を変えまして、銀行というものを中心にして、世の中のことを考えてみたいと思います。

■銀行のお金の回り方で景気動向がわかる!?

 私は、銀行に19年勤め、そのうち17年間をディーリングの世界で過ごしましたが、その間に一番感じたことは、銀行というのは経済の中心であるということです。

 たとえば、経済活動の中でも、銀行のお金の回り方が悪くなってくると、貸出しが鈍り、ひどくなると貸渋りのような状況になります。

 そうなると、ますます景気が悪くなっていきます。

 逆に、銀行の体質が改善されて体力がついてくると、貸出しの余力ができて、新規の貸出しが活発になります。そうなると景気が上向いてきます。

 経済活動には、資金というものがつきものだからです。

 ですから、銀行のお金の回り方を見ていると、景気がどうなっていくのかが何となくわかります。

■銀行に体力が戻るまで景気回復は困難か

 1つ、最近の例を挙げて説明してみましょう。

 今週(7月16日~)、スペイン中銀が発表したところによりますと、スペインの民間銀行の融資全体に占める不良債権の比率は、2012年5月8.95%と18年ぶりの高水準になりました。

(出所:スペイン銀行(スペインの中央銀行)発表のデータをもとにザイFX!編集部が作成)

 これは、景気が悪くなってきて倒産する会社が増えたためです。

 こういう状況になると、銀行は経営改善のためにリストラを断行しなければならなくなります。まずは、資産を圧縮することです。となると、新規の融資は非常に難しくなります。

 この時期は、世の中のお金の回り方も当然悪くなるので、景気はますます落ち込んでしまいます。

 今の、スペインはまさにそういう時期に入ってきているということです。

 そして、その後リストラが十分に進んで、銀行に体力が戻ってくる頃になって、ようやく新規融資が増えてきます。

 逆に言えば、それまで景気は、なかなか回復しないということになります。

 このようなことが、ギリシャ、イタリアでも…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る