ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円高値は更新したが微妙
オファーも気になる

2012年10月19日(金)18:25公開 (2012年10月19日(金)18:25更新)
持田有紀子

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日はいよいよ円売り圧力が高まってきて、ドル円も79円台でしっかり。ユーロ円も104円台をトライする方向で動いており、下がっても押し目買いのビッドが詰まっている状況であった。私は9月相場のこともあるので、ドル円を79.20で売っていったのだが、高値圏で張りついてさっぱりゆるまない。欧州時間ではユーロドルもドル円も固まってしまった。

 ニューヨーク時間が近づいてきても為替相場にダイナミックな動きはなし。ドル円がジワジワと上がってくる。失業保険の数字がすこぶる悪かったが、反応は限定的だった。前回の数字が32万人だったので、あまりにも良すぎた。その反動ではないかということで、市場もあまり真剣に考えなかったのだろう。

 ドル円はというと79.25から79.35で行ったり来たりしたままで、あきらかにわかることは実に堅調であることだ。私のロスカットである79.40も、すでに風前の灯であった。 さんざん粘ったが23時のフィリー指数が良かったことで、瞬間的なドル買いも入ってドル円は79.45までいってしまった。

 私のストップ注文もダンにはなったが、ちょっと想定していたよりも腰の強い円相場であった。ユーロ円も9月高値の103円台の後半が目標であったが、これもフィリー指数の出た段階でチョロっと104円台をみたことで、達成はした。

 昨日は早起きして、ニューヨーククローズ後のハイテク関連の決算発表を見ようと思っていたのだが、グーグルだけは夜中の1時半ごろに早めに出てしまっていたようだ。何かの手違いだろうとは思うが、それでマーケットは多少なりとも混乱したようである。米国株は今年の最高値まであと一歩というところまで接近していたのに、それで失速してしまった。

 確かに決算内容も事前の予想に届かず悪いものであったが、妙な時間に出てきたことで、これを信じて行動を起こしてもいいのかという疑念もあったのだろう。結果的には米国株は今週に入っての4連騰にはならず。

 それでリスク許容度も減退していたところで、短期筋からのユーロ売りが出てきたので、ユーロドルは一気に1.30台のミドルまで後退。株価やユーロドルなどが戻し高値を攻めていただけに、失敗したのがポジションのシコリを残した形となっている。

 今晩は欧州首脳会議の2日目。そこから突拍子もないことが出てこないだろうとは思われるが、いちおうの注目は集めている。ギリシャの財政再建の期限を2年延長することや、銀行同盟の2013年スタートのことなどは織り込み済みだ。ドル円がたくさんのオファーにも関わらず、79円台に踏みとどまっているので、ロング勢はどこかで一気に利食い売りに持っていきたいところ。

 そこで米国株の動向が鍵を握ることになりそうだ。昨日、久しぶりに陰線で終わった米国株だが、これがニューヨーク序盤で利食いが急がれる展開となると、マーケットは全体的にリスク回避が急がれることになりそうだ。それだけ高値警戒感が強い。要注意である。


日本時間 18時10分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
トルコリラスワップポイントランキング メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る