ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ロスカット誘発でドル円一気に100円台、
今晩のADP雇用に大注目!

2013年07月03日(水)15:32公開 (2013年07月03日(水)15:32更新)
持田有紀子

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日の欧州序盤ではドル円は99円台の後半。すでにアジア時間でたっぷりと買われたようでもあったので、最初に期待できるのはロングの投げであった。4月相場でも100円台乗せをトライしたが、何度も100円ちょうどの手前で止められており、やはり「近くて遠い」100円台という展開になるではなかろうかと思った。しかしすでにやってしまったレベルでもあり、プライスは以前よりは軽いであろう。だから100円台に乗せてきたら乗せてきたで、それもありうるので、そのときはそのとき。素直に買いでついていくだけだ。

 経済イベントは少なかったが、ニューヨーク勢はドル円の買いで参入。ドル円は一気に100円台に乗せてきた。私も100.06でストップ的にロングにした。そしてすぐに99.98で投げ売りのストップ注文をプレース。成り行きを見守ることに。100.40あたりまでは損切り注文の連発を招いてスルっと上がっていったのだが、そこで止まってしまった。100円ちょうどという心理的な節目も越えてきたのだから、ちょっとやそっとのことでは落ちそうもないのだが、止まると不安になる。まあストップ注文も入れてあるのだから、過度に不安におびえても仕方がないのだが…。

 前日にけっこう睡眠を取っていたし、この動かないレベルから、どちらか20ポイントでも動くまでは眠らないぞ。100.20割れか、100.50を越えるまでは!米国株が激しく上がってスタートしたというのに、それでもドル円の反応は限定的だった。日経先物は円安効果もあり、14300円近くまで急上昇している。ユーロドルももっとドル高に進めばいいのに、1.29台に入って定着するのを嫌がっているかのようなビヘイビアだ。

 夜も1時ちかくになって、ようやく動き出した。ドル円は100.50を越えてきたので、私も追いかけで追加ロングを100.58で行った。もう相当に高いのは承知である。次に100.50を下回ってきたらすべてを投げよう。このまま上がり続けてくれればよいが。しかしドル円の高値は100.70をちょっと越えたあたりまでで、ついに2回目の高値トライの後、急激に利食い売りに押された。

ドル円は100.50も下回ってきて、私のポジションもクローズさせられた。ニューヨーク時間の午後からは急速に株価が下がってきたからだ。まあこれはここ最近のいつものことではある。かれこれこれもう3営業日連続でこの同じパターンを繰り返している。注意はしているのだが、いかんともしがたい。

 さてドル円は100円台に乗せてきて、今朝の為替マーケットでもさっそくと買いで入ってみたようだ。本邦勢が中心になっての買いである。ドル円は昨夜の高値を越えてきたけれども、同時にWTIの原油価格が100ドルを越えてきて、原材料高が嫌気されたリスク回避の姿勢も鮮明になってきた。日本株が下落に転じると、ドル円もオフトップ。大きく下がるというわけでもないが、短期的なロングを切らせるには十分であった。101円台を先にやるのではと感じていたプレーヤーにとっては、ちょっと想定外の出来事であったろう。

 さて今晩の注目はADP指数である。予想では16万人くらいの就業者増となっているが、そもそも本格的な雇用環境の改善には20万人台は欲しいところなのだから、けっして週末の失業率の劇的な改善を見込んだものではないということになる。いまは金融緩和の縮小が関心を集めているだけに、15万人から18万人までの普通の数字であったならば、マーケットはダイナミックに反応しないだろう。縮小時期に影響を与えるのは13万人以下であったり、20万人を越えた場合である。特にアメリカは独立記念日を控えているので、なおデータに対する反応は鈍さを増すだろう。

日本時間 15時30分

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

当サイトからの口座申込者限定!条件達成で特別に3000円プレゼント!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
人気FX会社ランキング トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る