ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル全面安の後は小動き、
米金融の決算だがリスク相場強まるか

2013年07月12日(金)17:46公開 (2013年07月12日(金)17:46更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 6月のFOMCでバーナンキ議長自らが資産購入の終了を口にしてから、資本市場はずっとその方向に向けて動いてきていた。だが水曜のニューヨーク市場が終わった後に出てきたバーナンキ議長の発言がかなりダビッシュだったこともあって、昨日のアジア時間ではドルが急下に下がってスタートした。

 しかしドル安の限界は早朝につけたレベルであって、ユーロドルでは1.3205、ドル円では98.26までだった。その後はドル買いの意欲とドルの投げ売りのイントが交錯している状況が続いた。

 ドル円は98円台に入るとドドっと売りに押されてくるものの、朝の安値は下回れず。また上がり始めると、猛烈に買いダマがフォローしてくる。かといって99円台に乗せてきても、やはりそこは売り場と化している。やはり緩和継続ということで、ドル保有の魅力の低下は避けられないところなのだろう。

 欧州序盤ではドルの買い物し優勢で始まった。ユーロドルが1.30台の前半まで押し込まれ、これを見せつけられるとドルが全戻しするのではないかとも思われた。ドル円も99円台に乗せてきて、なおも堅調。

 私もドル円で99円台乗せから何度も買ってはみた。しかし99円台の中盤はやはり重く感じられる。とくに私がロングポジションを持っていたからだろうが、ほとんど勢いが感じられないのだ。ユーロドルも下値攻めをやめて、1.3050を越えてくると、ちょっとドルロングでは攻めづらくなった。ドル円は99円台のままにいたが、失業保険も悪かったので、私もそのステージでいったん撤退した。

 あとの注目は、すでにグローベックスセッションで大幅高となっている米国株の動向だ。これ以上の上げ余地があるのかどうか。すでに米国株は今年の最高値近くまで上がって来ているのだから。ドル円の98.65などを見てしまうと、売り込みたくなってしまう。

 そうはいっても先ほどは失敗しているので、もうちょっと慎重に構えねば…。米国株が高いところに張り付いて動かないので、とくにドル売りで攻めることを正当化できる材料に乏しい。無理にトレンドフォローで攻めていくほど体力も残っていない。

 結局そのまま何もせずにいたが、やはり米国株はニューヨーク時間では小動きだったようだ。クローズ間際にショートカバーメインの買いを集めて、高値引けとなり、為替相場ではややドル売りのほうが優勢だったようだ。

 ドル円は98.60-99.20がコアレンジとなって動いている感じだ。そのちょっと外側では逆張りにはなるがポジションを作りたいところ。何度か損切りがついたとしても値幅が大きくなっている分だけ、ワークしたら一発で取り戻せるチャンスもありそうなので、昨日の為替のレンジを参考に取り組もうかな。

 今晩はJPモルガンやウェルスファーゴなど、第一陣の金融機関の決算が出る。いよいよ大どころの米企業決算がはじまっていくわけだが、ますますリスク相場としての様相を強めることになるだろう、歴史的な最高値を目前にしている米国株だけに、そこをクリアに越えられなければ、絶好のポジションの作りどころともなるだはで、ドル円かユーロ円の売り場の目標にもなる。


日本時間 17時20分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.38pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2023年9月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後新規建て取引1万通貨以上で4000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る