ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ロシアの態度で中東情勢は悪化、
ドル円ショートで外部環境を要ウォッチ

2013年09月09日(月)15:22公開 (2013年09月09日(月)15:22更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 さて金曜日は雇用統計。夕方にはドル円は99円台のミドルで取引されており、指標までは大きく動きそうもない。99円台の後半や100円乗せを何度か売っていた私としては、99円台の中盤から売り込んでいくのはためらわれる。 そもそも下がっても下限は99.40-50あたりかなぁと思っているからだ。それだけドル円の腰は強い。仕方がないので、発表直前まで何もしないことにして体力温存することにした。

 出る前に戻ってくると、ドル円は対してレベルが変わらないが、ユーロドルが重い足取りを見せている。1.30台に突入したいような動きである。私も売りたい感じがしてきた。しかしここまで我慢したのだから、せめて数字が出てから売ろう。そのときにはすでに1.3065とかでも構わない。私はユーロドルの成り行き売りのスタンバイをして、指標を待った。

 雇用統計の数字が出た。私は為替レートを見ているので忙しいので、内容を確認しているわけにはいかない。ファーストアクションはドルも株価も上がった。たぶんこれは失業率か就業者数が良かったのかも。そう思ったが、米国債が急反発している。あれだけ長期金利の上昇で懸念されていた長期債が、である。私の見方としては株価やドルは前後に振れやすいものとしており、素直に方向性を示すのは債券価格だと思っている。だから確かめてはいないが、なにがしら悪い数字も含まれていてのことなのだろうと判断した。

 それではと、ドル円でも売りにいこうかと思ったら、すでに99円台の前半まで落ちている。完全に週の安値レベルだ。一瞬、売るのをためらったからに違いない。ひるんでいると98円台にも突入。しまった~、売りそびれてしまった。ユーロドルはさぞや高いだろうと思って見てみると、それほども上がっていない。ようやく腰を落ち着けて雇用統計の内容を確認した。

 就業者数は予想よりも悪くて16万人台の増加に留まっていたが、失業率は7.3%で良かった。なんとも言えない状況だ。これだけから雇用環境が改善しているとか、悪化しているとか判断のつきにくいものだ。仕方がないから債券相場に従うしかない。長期金利は低下傾向を維持している。こうなったらドル円の戻り売りスタンスで、しばらく待つことにした。

 ドル円は99円台に戻ってきて、やっと売ってもいいかなというレベルまで上がってきたとき、ロシアのプーチン大統領がシリア支援の方針を打ち出した。これで東情勢の不透明感が一気に増大した。雇用統計ではあまり下がらなかった株価も、このステージでは急落に向かい、ドルも売り込まれた。どれンは98.60あたりまで差し込んだ。

 さすがに2回目に99円ちょうどを割り込んだときには私もトレンドフォローで売り込むことができたが、なかなかにチョッピーでショートキープしづらい。結局は15ポイントほどしか取れなかった。その後のニューヨーク時間は99円台を回復して、小動きとなった。

 週明けの早朝はオリンピックの東京開催が決定したこともあって、ドル円が上昇、そして株価もジャンプして始まった。日本だけのリスクテークであり、グローベックスでの米国株などはあまり反応していないので、すぐに時間切れになるだろうと予想された。事実、東京市場の序盤で日経先物が高値の14380円を付けた後はさっぱり。ズルズルと利食い売りに押されるのみで、相場の展開としてはまさしくリスク回避。私も朝こそは躊躇したが、今度はドル円を99.88で売っていくことができた。

 今晩は経済イベントがほとんどないが、政治や軍事でひと波乱ありそうだ。先週末の雇用統計の結果による緩和縮小がどうなるのか、またはシリア情勢はどうなっていくのか。下院での可決が微妙になってしまっているオバマ大統領。国民に向けてスピーチするというが、それが広く受け入れられるものなのか。東京市場が五輪のご祝儀ムードだっただけに、要ウォッチである。


日本時間 15時00分

 

外貨ex byGMO[外貨ex]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る