ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米国の債務上限問題は事態が好転!
利下げが遠のいた豪ドルの回復に注目!

2013年10月17日(木)17:36公開 (2013年10月17日(木)17:36更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■米国の債務上限問題収束で米ドル/円は99円を回復

 みなさん、こんにちは。

米国の債務上限問題は、10月17日(木)を目前に事態が好転し、これでアメリカのチキンレースは大方、収束しました。

 共和党の案はほとんど通らず、支持率は低下。ティーパーティーは沈黙状態です。

 過去2週間、米国の債務上限問題のリスクを指摘する報道があふれる中、アメリカのテクニカルデフォルト(債務不履行)を現実視する参加者はほとんどおらず、トレンドは事態が収束した後を見据えての流れでした。

 VIX指数(※)もアメリカの金利も落ち着いた動きの中、米ドル/円は99.00円まで回復。

前コラムでもご紹介したとおり、米ドル/円は96.50円~99.00円のレンジで推移しています。

【参考記事】
豪ドルが欧州通貨に対し急反発。債務上限問題が収まれば対円、対米ドルでも反発か(2013年10月10日、西原宏一)

(※編集部注:「VIX指数」とは、ボラティリティ・インデックスの略称で、投資家心理を示す数値として利用されており、恐怖指数とも呼ばれている)

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 中長期的には円安の流れは変わりませんが、今後の米ドル/円は少し円安気味の97~100円のレンジで推移するでしょう。

■豪ドル/米ドルのパリティ回復が視野に入ってきた

 注目は、これも前コラムでご紹介させていただいた、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])ウォッチャーが指摘した豪ドルです。

 RBAの追加利下げが遠のいた豪ドルは、米債務問題が取りざたされている中も、じり高に推移していました。

 欧州通貨に対して大きく値を上げてきた豪ドルは、今週(10月14日~)に入って対円、対米ドルでも反発。

 まず、対欧州通貨であるユーロ/豪ドルは…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る