ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円100円突破だが値幅は小さい、
米国株の高値追いを要ウォッチ!

2013年11月15日(金)17:06公開 (2013年11月15日(金)17:06更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は99円台の後半で、ユーロドルは1.34台の中盤で始まった。すでにアジア時間の早朝にイエレン氏の公聴会でのスピーチ原稿が公表されてしまっているので、内容自体が想定通りだったこともあって、マーケットには一種の安心感が広がっており、ややリスクテークの方向に傾いていた。日本株も上昇。ドル円やユーロ円では円売りの勢いが強まりつつあった。

 重要なイベントであったバーナンキ議長の発言も終わり、イエレン副議長の話す内容もわかったことで、後はテクニカル的に注目されるのはどこかである。ドル円は100円ちょうどという節目であるのは間違いなく、また米国株では海外市場で再び歴史的な高値を更新するかどうかということ。そして日本株で見ても、日経先物の15000円は重要な節目だ。

 昼間の高値は14990円まで。これは5月にアベノミクス崩れがあった後の最大の戻し高値でもあり、7月の高値である。ここをアジア時間にブレークできなかったのは力不足だったからかもしれないが、これがクリアに抜けてくればリスクテークにもいっそうの弾みがつき、ドル円やユーロ円のさらなる上昇に寄与するものと考えられる。

 ニューヨーク時間が近づいてきても、一向にドル円がゆるむ気配はなかった。99.90とか買うのは嫌だから、100円台に乗せてから買おうと構えているのだが、欧州序盤でいっぺん100円台にタッチした後は、なかなか100円台乗せを嫌ってでもいるかのような動きだった。しかしナイトセッションで日経先物がついに15000円の大台に乗せてきた。これで新しいステージに入ったのかとも思われる。ちょうどドル円が100円に乗せてくるところでもあったので、私も追随して買っていった。

 いよいよイエレン氏の話す時間が来た。ドル円は下がってくる。99.90あたりでウロウロ。うーん、零時からだというのに、内容は何も伝わってこない。前座の話でも続いているのだろうか。やはり予想通りということで一気にポジションの解消に向かってしまうのだろうか。そう思って見ていると、ドル円はますます重く見える。ぜんぜん上がらないので、何をしないでおくわけにもいかず、とりあえず99.88で撤退することにした。それほど株価にもドル円にも高値警戒感が強いのだろう。

 やっと出てきた内容も、やはりすでに公表されたドラフトに従ったものだった。雇用は悪いとし、金融政策の支援は必要で、資産バブルの兆候はないとしたもの。それでも現行の金融緩和をいつまでも続けてはいられないという認識も示した。この間、ドル円は下がりはしなかったものの、100円ちょうどをはさんだ小動き。まあ、朝になって株価が高かったら、そこからドル円かユーロ円を買っていこう。そう考えて寝た。

 100円ちょうど近辺でニューヨーククローズを迎えたが、早朝から本邦勢による円売りが出てきた。私ももう一度、ドル円のロングで参入。少なくとも仲値決めまでは持っているつもりだった。そして昨夜の高値は100.14までだったが、それもあっさりと越えてきた。100.30あたりまでは上がったものの、そのあたりで止まっている。新しいゾーンをやっているから、ものすごく上がったように見えるけど、値幅は実に小さい。私も昨日の損失を埋めることができただけだ。

 アジア時間の終盤には100円を割れて99円台まで後退。欧州時間に入ってからは100円台前半となっているが、やはり値幅は小さい。今晩はエンパイア指数くらいしか注目材料がない。それよりも米国株の高値追いが要ウオッチとなる。このまま金融的な側面からリスクテークが続くのかどうかである。イエレン氏の発言内容はドル安要因のなか、株高だけがドル円でのドル高の支えなので、注意しておきたい。


日本時間 16時50分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング
CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る