ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

スピード調整に注意すべきだが、円安
トレンドはまだ続く。そう考える理由とは?

2013年11月22日(金)16:58公開 (2013年11月22日(金)16:58更新)
陳満咲杜

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■円安トレンド加速! 英ポンド/円は2009年の高値更新

 円安トレンドが加速している。米ドル/円の101円台乗せのほか、英ポンド/円、ユーロ/円の高値更新が目立つ。 

米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート: 世界の通貨vs円 1時間足

 特に英ポンド/円は2009年高値を更新し、164円の節目を直接打診したので、このコラムで指摘してきた中期ターゲットは、短期ターゲットとしても物足りない感じだ。

【参考記事】
ドル安は陰の極まり。ドル/円は96.56円を下回らない限り、三角保ち合い上放れか(2013年10月25日、陳満咲杜) 

英ポンド/円 月足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 月足

 相場というものの魔力は実にそこにある。市況を分析し、テクニカルポイントを押さえ、ターゲットを算出しても、中長期スパンにおけるターゲットは往々にして「欲張りすぎ」ではないかと疑われ、利益を伸ばしていくのが至難の業となる。

 かと思うと、いったんターゲットが達成された後、相場は往々にしてそのターゲットを超え、さらに進行していくのだ。よって、たとえ利食いして、十分なリターンを得られていたとしても、進行中のレートと見比べて、「ポジションを決済せず、まだ持っていたら…」といった皮算用を始めてしまうものである。トレーダーはなかなか満足感を得られないものなのだ。

■「円安相場に乗る」かどうかは慎重に検討すべき時期に

 ところで、こういった「勝者の悩み」は、敗者からみればぜいたくの極みであり、また敗者の数と比例した大相場が進んできた結果である。言ってみれば、円安トレンドの進行は想定の範囲内ではあるが、英ポンド/円の急伸に代表されるように、急激な円安の進行はショート筋の踏み上げによる側面も大きい

 しかし、足元ではそういった段階を過ぎたところに来ており、やや「スピード違反」の疑いが持たれているのではないかと思う。

 したがって、前回筆者が強調していた「思い切って円安相場に乗る」といったスタンスがこれからも通用するかどうかは、慎重に検討すべき時期に来たとみる。

【参考記事】
市場の楽観ムードは行きすぎ感もあるが、それでも思い切って円安相場に乗るべき!(2013年11月15日、陳満咲杜)

 もっとも大きな懸念材料は、何と言っても円売りポジションの… 

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る