ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

市場の楽観ムードは行きすぎ感もあるが、
それでも思い切って円安相場に乗るべき!

2013年11月15日(金)17:31公開 (2013年11月15日(金)17:31更新)
陳満咲杜

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■米ドル/円は予想より早く100円を突破!

 米ドル/円は100円の心理的な大台に乗せてきた。先週(11月4日~)の波乱を経て、米ドル/円の保ち合い状況を打破するには、もう少し時間がかかると思っていたが、リスクオンムードの再開で早期転換を果たした模様

 検証サインとして、前回のコラムで指摘しておいた11月7日(木)の大陰線の高値・安値、どちらかを先にブレイクするかは重要であった。

【参考記事】
「ドラギ・ショック」と「米GDPショック」で波乱の相場!ドル/円の上放れは先送り?(2013年11月8日、陳満咲杜)

 今週火曜日(11月12日)には、11月7日(木)高値の99.41円を更新していたから、これが現在までの上昇をもたらしたわけだ。 

米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 もっとも、米ドル/円の上放れが下放れより確率が高いことを予測するのは、難しい理論とテクニックなどなくても十分可能であった。

 上のチャートが示しているように、上昇傾向を続ける200日移動平均線(200日線)のサポートが、10月以来3回も確認されている。先週木曜日(11月7日)の大陰線もしかりであった。

 ザラ場にて200日線を下回ったことはあったものの、引け値がすべて同線の上にあったことは、米ドル/円地合いの堅調を示唆するサインである。同サインを重視すれば、上放れを当然の成り行きとみなし、高値更新後の追随買いも極めて自然な判断と行動である。

■英ポンド/円はいち早く「アベノミクス相場」以来の高値更新

 円安トレンドの進行で、より目立つパフォーマンスを達成しているのは、英ポンド/円である。「アベノミクス相場」以来の高値を更新し、2009年8月高値に迫る英ポンドの上昇はクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)をリードする役割を果たしている。

 すでに161円の節目を打診しているので、10月25日(金)の本コラムにて指摘していた162.29円という中期ターゲットは、もはや短期目標としてもあり得る状況だ。

【参考記事】
ドル安は陰の極まり。ドル/円は96.56円を下回らない限り、三角保ち合い上放れか(2013年10月25日、陳満咲杜)

英ポンド/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 英ポンド/円の上放れポイントは、上のチャートに記しているトライアングルの上放れにあった。一昨日(13日)に上放れを果たしていたから、米ドル/円の上放れと相俟って、円安トレンドを推進するサインとして読み取れたわけだ。

 また、英ポンド/円の高値更新が米ドル/円より早く達成されたのは、200日線1本の観察でも納得できる。

 米ドル/円は200日線の再三の打診をもってサポートを確認したのに対し、英ポンド/円はレンジの上乗せによって上昇モメンタムを維持してきたし、2012年9月以来、1回も200日線を打診していない。

 つまり、英ポンド/円のほうが米ドル/円よりずっと堅調な地合いを維持してきたから、英ポンド/円が米ドル/円より先に高値を取っていくのも当然の成り行きなのである。

■ユーロ/円は100日線を割らない限りブルトレンド継続か

 英ポンドに比べ、遅れを取っているユーロ/円だが、これから高値を更新し、同じく10月25日(金)の本コラムにて指摘した上値ターゲットに照準を合わせる公算が大きいとみる。

【参考記事】
ドル安は陰の極まり。ドル/円は96.56円を下回らない限り、三角保ち合い上放れか(2013年10月25日、陳満咲杜)

 注目していただきたいのは、ユーロ/円は2013年6月以来、再三にわたって100日線のサポートを確認し、先週、11月7日(木)のECB(欧州中央銀行)利下げ後も同線のサポートを確認してから切り返してきたということだ。

 だから、100日線を本格的に割らない限り、ユーロ/円のブル(上昇)トレンドは続くといった見方は妥当であろう。

ユーロ/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 話を米ドル/円に戻すが、次のチャートに記しているように…

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る