ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

市場は混乱、本当に怖いのは通貨安!
アルゼンチンペソ暴落はなぜ起こったか?

2014年01月30日(木)17:45公開 (2014年01月30日(木)17:45更新)
今井雅人

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■中国の指標悪化がトルコリラなどの売り圧力に

 アルゼンチンの外貨準備高は、3年間で4割減り、約295億ドルとなっています。こうした状況を受けて、これ以上のペソの買い支えは難しいのではないかという見方が市場に広がり、ペソに売りが殺到しました。

 アルゼンチンの政権は、インターネットでの買い物の規制を強化するなどの外貨流出防止策を続けています。しかし、それもまったく効果が出ていません。

 アルゼンチンは、2000年代前半にもデフォルトを起こした嫌な過去を持っています。こうした悪いムードは一気に他の新興国に波及。

 悪いことに、中国の景況感を表すHSBC製造業PMIが、景気の良い悪いの目安である「50」を下に割り込むという結果も出てきました。これにより、トルコ、南アフリカなどの通貨にも激しい売り圧力がかかったわけです。

米ドル/トルコリラ 1時間足

(出所:CQG)

■FOMCの緩和縮小が追い打ちをかける

 さらには、昨日(1月29日)のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、2013年12月に引き続き、金融緩和の縮小が決まりました。量的緩和としての資産買入れの金額を750億ドルから650億ドルに引き下げるという決定です。

 量が減るだけで量的緩和自体は続きますが、今後、米国が金融引き締めになれば、新興国からの資金の引き上げが起き、新興国の通貨が急落するのではないか、という懸念が以前から指摘されていました。今回も、またそれを想起させてしまいました。

 悪いことは、重なるものです。

■カウンターパンチを食らった市場の混乱は続くかも

 今までのケースで言えば、こうした事態が発生した場合、自国だけでは解決できず、G7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議)やIMF(国際通貨基金)などの国際機関が連携して問題の収束を図ってきました。

 現在のところ、まだそこまでの動きは見られませんが、この状況が続けば、当然本格化してくるでしょう。

 先進国の景気状況が良好で安心していたところで、カウンターパンチを食らった形となっており、市場の混乱はしばらく続くかもしれません。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る