ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円今週の安値を更新、
経済イベントもダウンサイドに注意!

2014年02月14日(金)14:34公開 (2014年02月14日(金)14:34更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は102円台の前半。つまり最近のコアレンジからみるとかなり安いゾーンまで下がって来ていることになる、夜のイエレン議長の公聴会は天候のために延期になったということもあるし、材料の乏しさが増している。こんな時にはレンジにしたがって101円台の後半からは買いから入ってみるというスタンスをとらざるをえない。

 ただアジア時間から日本株をはじめ、グローベックスでの米国株も安値攻めをしている、リスクオフの勢いもつきそうなので、ドル円やユーロ円をロングにするには多少なりとも株価の反転を見てからにしたいところ。

 経済指標が出る前に、ドル円は101円台に突入してきた。そして失業保険も小売売上高も、どちらも悪い結果となった。それで米国株はさらに下押し。ドルも全面安になった。ドル円は101.70あたりまで下がったが、指標の出る直前と比べても20ポイントしか落ちていない。やはりこのあたりは短期的なサポートを形成していて、底堅いのかもしれない。

 当初の予定通りにドル円を拾ってみた。101.76で買った。損切注文は近くの101.65でよいだろう。米国株はグローベックスのセッションでの下げを素直に反映して、大幅安でスタート。しかし10分も経たないうちに切り返しにかかった。私は翌朝早くから用事があったので、早く寝たい~。101.95で売れたが、その後102円台まで完全に戻しきった。

 米国株も前日の高値を追い越すくらいのグレートなショートカバーを演じたようだ。ドル円はロングで持ち切れなかったが、つまるところ、最近のレンジを逸脱しなかったということだ。そして昨日のニューヨーク時間ではリスクテークとなった。それもあからさまに切り返しての、である。

 それに続いて今日の東京市場でもリスクテークの流れとなりそうなものであったが、ランチタイムからは日本株が下げ幅を拡大。 日経先物が先週末に雇用統計の発表直後につけた安値である14300円を下待ってきてからは、完全に市場のムードが変わってしまった。ドル円は102.40あたりまで上値を追っていたのに、再び101円台に下落。今度は昨日の安値を攻める展開に変わり、下回ってきた。

 私もレンジ取引に一環として102.55でオファーはしていたのだが、これはまったく無意味なものになってしまった(笑)。夕方にドイツのGDPが出る。欧州圏の経済動向を見ていく上でも重要なファクターだ。ドイツの当局は成長見通しを上昇修正しているので、アップサイドではサプライズは起こらない。予想を下回った場合のみ、ユーロ売りなどで反応しそうだ。

 また夜中にはミシガン大学の景況感が出る。センチメント系のデータは最近良いものと悪いものが入り乱れているので、これは発表後に是々非々で対応するしかない。しかしアジア時間の午前で相当にリスクテークに励んだ分だけ、ダウンサイドリスクにはモロそうにも思えてしかたがない。


日本時間 14時20分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年3月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較
経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る