ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FX情報局

【徹底解剖】2014年大注目のNDD(3)
NDD口座比較の隠れたポイントとは?

2014年02月18日(火)15:07公開 (2014年02月18日(火)15:07更新)
FX情報局

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

「【徹底解剖】2014年大注目のNDD(2) NDDでスキャルパーが歓迎されるワケ」からつづく)

■外資系が先行、ウルトラFXが猛追

 現在、NDDと銘打たれた、日本のおもな口座は以下のとおりだ。日本でもっとも古くNDD口座を始めたFXCMジャパン証券(現楽天証券)や、2013年12月に既存口座をすべてNDDへ移行したアルパリジャパン(※)など外資系が目立つのが特徴だ。

(※アルパリジャパンは、2015年1月に破綻し、8月にはデューカスコピー・バンクに買収された。10月よりデューカスコピー・ジャパンとして、営業を開始している)

★日本国内のおもなNDD口座一覧

会社名[口座名] 最低取引単位 取引手数料 米ドル/円
参考スプレッド(※1)
プラットフォーム カバー先数 スマホ向け
アプリ
ザイFX!期間限定キャンペーン実施中
セントラル短資FX[ウルトラFX]
5万通貨 無料 0.4銭
(実績平均値)
独自ECN 非公表(※2) 3月31日から提供開始予定
サイバーエージェントFX[C-NEX](現YJFX!) 1万通貨 無料 -
カレネックス
(クラシック)
19社 あり
アルパリジャパン[アルパリダイレクト] 1000通貨 片道0.0015% -
カレネックス
(ヴァイキング)
1社(16社) あり(iPhone)
アルパリジャパン[アルパリダイレクトPro] 1000通貨 片道0.0015% -
カレネックス
(クラシック)
1社(16社) あり(iPhone)
アルパリジャパン[MT4 スタンダード口座] 1000通貨 無料 0.8銭(実績値)
独自ECN 1社(17社) あり
アルパリジャパン[MT4 プロ口座] 10万通貨 無料 1.0~1.4銭
(実績値)
独自ECN 1社(17社) あり
会社名[口座名] 最低取引単位 取引手数料 米ドル/円
参考スプレッド(※1)
プラットフォーム カバー先数 スマホ向け
アプリ
FXCMジャパン証券(現楽天証券)[TS口座] 1000通貨 無料 -
独自ECN 2社 あり
FXCMジャパン証券[プレミアム口座] 1万通貨 無料 0.6銭原則固定
独自ECN 2社 あり
FXCMジャパン証券(現楽天証券)[MT4口座] 1000通貨 無料 -
独自ECN 2社 あり
外為ファイネスト[EVO] 1万通貨 無料 0.8~1.4銭
(実績値)
カレネックス
(ヴァイキング)
1社 なし(準備中)
外為ファイネスト[PRO] 50万通貨 片道0.003% 0.1~0.7銭
(実績値)
カレネックス
(ヴァイキング)
1社 なし(準備中)
外為ファイネスト[MT4] 1万通貨 片道0.0035%
~0.008%相当
-
カレネックス 1社 あり

2014年2月18日現在
(※1:米ドル/円のスプレッドで「実績値」あるいは「実績平均値」としているのは、2014年2月18日現在で各社が発表していた最新の値を掲載している)
(※2:セントラル短資FX全体のカバー先は22社あるが、[ウルトラFX]のみのカバー先は公表されていない)

「世界的にはこの3年ほどでNDDへ移行する動きが進んでいます」

 そう教えてくれたのは、アルパリジャパンのパトリック・チェルヴィンスキさん。日本でNDDの動きが急浮上してきたのは昨年、2013年からだが、世界的にはもう少し前からNDD化が進んでいたようだ。外資系FX会社がNDDで一歩先行しているのも当然といったところか。

■NDDの世界標準は「カレネックス」

 「NDDの取引プラットフォームで世界的にもっとも優れているのは、カレネックス(※)だと思います。ただ、カレネックスはFXに慣れたプロトレーダー向け。慣れれば使いやすいものの、メタトレーダー4(MT4)などに比べると、初心者には使いづらいところもあると思います」(チェルヴィンスキさん)

 NDD口座はセントラル短資FXのように「ECN」(電子取引ネットワーク)を独自に作っているものと、カレネックスのような既存のECNを利用したものとに大別できる。

 カレネックスは世界的に有名なECNで、耳にしたことのあるトレーダーも多いのでは。アルファベットならCURRENEXと書き、カリネックスと呼ばれることもよくある。

 そして、カレネックスのシステムには、よりプロ向けに近い「クラシック」と、初心者の利便性にも配慮した「ヴァイキング」の2種類がある。

 勘違いされがちだが、カレネックスは為替市場ではない。FX会社とカバー先の銀行や証券会社をつなぐ「道路」のようなものだ。

 あくまでも道路だから、どんなレートを提示するかは、その道路を走るクルマ=カバー先となる銀行や証券会社次第。同じカレネックスを使っていても、FX会社によってレートは異なっている。

■カレネックス系のNDDなら「板」が見られることも!

 NDDの代表格であるカレネックス。その中でもプロ向けに近い「クラシック」の大きな特徴は「板」が見られるということ。

ウルトラFX

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る