ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

IG証券ノックアウトオプション
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FX情報局

ノックアウト・オプションが取引できる会社を徹底比較! 取引できる銘柄の数、主要通貨ペアのスプレッド・スワップポイントに加え、おすすめのポイントも紹介!

2024年02月15日(木)16:00公開 (2024年02月15日(木)16:00更新)
FX情報局

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

ノックアウト・オプションが取引できる口座を徹底比較!

「ノックアウト・オプション」とは、ストップロスの注文(逆指値注文)を必ず入れる、ハイレバレッジのFXやCFDといった感覚で取引できる個人向け金融商品のこと。

 相場が予測と逆に動いた場合に損切りが執行される「ノックアウト価格」を、あらかじめ設定してから発注する(注文を出す)しくみが採り入れられています。FXのIFD注文にも似ていますが、ノックアウト・オプションの場合は設定した「ノックアウト価格」で必ず成立し、レートが絶対にスベらないという特徴があります。

 ノックアウト・オプションは証拠金ではなく、「オプション料」を支払って取引します。取引に必要なオプション料は、どの水準にノックアウト価格を設定するかで変わってきますが、ノックアウト価格の設定の仕方によっては、かなり少ない資金でまとまったポジションを保有することもできるのがメリットです。

■ノックアウト・オプションが取引できる口座を比較!
◆ IG証券【ノックアウト・オプション】⇒詳細情報ページへ
為替の最低取引単位 取引期限 対象銘柄 取り扱い銘柄数
1万通貨 最長1年程度 為替/株価指数/商品 約140銘柄
取引手数料 ノックアウトプレミアム 専用アプリ 搭載チャート
無料 あり iPhone/Android 独自
取引時間
米国夏時間…AM5:00~土曜AM6:00
米国標準時間…AM6:00~土曜AM7:00
IG証券【ノックアウト・オプション】の特徴
※最大5万円のキャッシュバックキャンペーン実施中!
IG証券が通常のFX口座で取り扱う約100種類の豊富な通貨ペアに加え、世界の主要な株価指数、コモディティ(商品)、ボラティリティ指数まで取引できるのが最大の魅力。いろいろな銘柄でノックアウト・オプションを取引したい人におすすめです。
※市況状況の変化などで取り扱い銘柄数は上記と異なっている場合があります。最新の取り扱い銘柄や銘柄数は、取引ツールで確認するようにしてください
▼IG証券【ノックアウト・オプション】▼
IG証券【ノックアウト・オプション】の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ FOREX.com【ノックアウトオプション】⇒詳細情報ページへ
為替の最低取引単位 取引期限 対象銘柄 取り扱い銘柄数
1000通貨 最長1年程度 為替/株価指数 40銘柄
取引手数料 ノックアウトプレミアム 専用アプリ 搭載チャート
無料 なし iPhone/Android Trading View
取引時間
米国夏時間…AM6:00~土曜AM6:00
米国標準時間…AM7:00~土曜AM7:00
FOREX.com【ノックアウトオプション】の特徴
最低取引単位が1000通貨なので、銘柄によっては数百円程度と、非常に少額から取引することができます。取り扱いは40銘柄ですが、FXの主要な通貨ペアはひととおり揃っているので、必要十分なラインナップといえます。ノックアウトプレミアムがないので、ノックアウト価格に到達しても総コストがスプレッド分のみというメリットもあります。※2021年11月24日より、トルコリラ/円、米ドル/トルコリラ、ユーロ/トルコリラは取引停止中
▼FOREX.com【ノックアウトオプション】▼
FOREX.com【ノックアウトオプション】の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ ゴールデンウェイ・ジャパン【FXTF GX-ノックアウトオプション】
最低取引単位 取引期限 対象銘柄 取り扱い銘柄数
1Lot 1日 為替/商品 11銘柄
取引手数料 ノックアウトプレミアム 専用アプリ 搭載チャート
無料 あり(反対売買時) iPhone/Android Trading View
取引時間
米国夏時間…AM7:05~土曜AM5:55
米国標準時間…AM8:05~土曜AM6:55
通貨ペアは米国の夏時間・標準時間に関わらず、AM8:00~土曜AM5:00
ゴールデンウェイ・ジャパン【FXTF GX-ノックアウトオプション】の特徴
7通貨ペアと米ドル建ての金・銀・原油・天然ガスの4銘柄、計11銘柄を取引できます。取引期限が1日と非常に短いので、ある程度の明確なトレンドが発生した際に、バイナリーオプションのような感覚で活用することもできそうです。
※「ノックアウトプレミアム」とは、ノックアウト価格に達したときにノックアウト価格で必ず決済されることが保証される代わりに支払うコスト。FOREX.comとFXTF GX-ノックアウトオプションもノックアウト価格で必ず決済されますが、ノックアウトプレミアムの支払いはありません。ただしFXTF GX-ノックアウトオプションの場合、期限到来前に反対売買で決済をおこなうと、反対売買時の原資産価格とノックアウト価格の差額にノックアウトプレミアムを加えた金額が売却価格となります

 上の表のとおり、現在、日本国内ではIG証券、StoneX証券のFOREX.com、ゴールデンウェイ・ジャパンの3社でノックアウト・オプションを取引できます。

 ただし、ゴールデンウェイ・ジャパンの「FXTF GX-ノックアウトオプション」は、取引期限が最長1日と非常に短く、ほかの2社のノックアウト・オプションと比べると、サービス内容が限定されています。

 そこで本記事では、IG証券とFOREX.comのノックアウト・オプション口座の、取り扱い銘柄数、主要通貨ペアのスプレッド(取引コスト)、スワップポイント(スワップ金利)などのスペックを比較します。

IG証券の取り扱いは、為替・株価指数・商品の約140銘柄。FOREX.comは為替・株価指数の計40銘柄

取引できる銘柄の数は、IG証券が約140銘柄、FOREX.comが40銘柄です。

 IG証券は為替の通貨ペアだけで約100銘柄を取引でき、それ以外に株価指数、商品、ボラティリティ指数も取り扱っていて、すべてを合わせると約140銘柄になります。
【※関連記事はこちら!】
ノックアウト・オプションに130銘柄追加。VIX指数(恐怖指数)が50円で取引可能!?

 一方のFOREX.comで取引できるのは、為替の通貨ペアが23銘柄、株価指数が17銘柄で、合わせて計40銘柄です。

 為替の通貨ペアでは、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルなどのメジャーな通貨ペアはどちらでも取引可能ですが、IG証券ではさらに、トルコリラ、メキシコペソなどの高金利で人気の通貨や、米ドルの総合的な指数を表すドルインデックスも取り扱っています。ノックアウト・オプション以外を含めても、ドルインデックスを取引できるFX会社はかなり珍しく、単純に取引できる銘柄の数だけを考えれば、IG証券に軍配が上がるでしょう。

 なお、ノックアウト・オプションはその名のとおり「オプション取引」なので、通常のFXとは違って各銘柄に取引期限があります。IG証券、FOREX.comのどちらも、最大で1年間の取引期限が設けられています。

約100種類の豊富な取り扱い通貨ペア数と世界標準の取引ツールが魅力
IG証券 ⇛詳細データはこちら
IG証券の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1万通貨 98ペア 非公開 0.4pips 0.5銭
IG証券のおすすめポイント
IG証券は世界で31万人以上のユーザーを誇る、英国に本拠地を置くIGグループの証券会社。約100種類の豊富な通貨ペアを取り扱っているFXのほか、CFDやノックアウトオプションなども人気で、IG証券全体で取引できる銘柄は実に1万7000銘柄以上と、非常に豊富です。自動売買に対応した高機能チャートツール「ProRealTime」が使えたり、心理学的見地からトレーダーにアプローチするコンテンツを提供していたりと、国内系とは一味違うサービスを味わえるのも魅力です。
IG証券の関連記事
■IG証券の口座開設の流れをわかりやすく紹介。 審査基準やキャンペーン、メリットを解説
■IG証券のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼IG証券▼
IG証券の公式サイトはこちら
※この表は2024年2月2日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

最低取引単位はFOREX.comが1000通貨、IG証券は1万通貨。FOREX.comなら、銘柄によっては100円程度の資金でも取引可能

通貨ペアの最低取引単位は、IG証券が1万通貨、FOREX.comが1000通貨なので、FOREX.comのほうが、より小さな単位から取引することが可能です。

 取引単位が小さければ、その分、取引に必要なオプション料も相対的に抑えることができます。たとえば、FOREX.comで1000通貨の取引をする場合、設定するノックアウト価格の水準によっては100円程度の資金でポジションを保有できる銘柄もあります

 なお、IG証券の指数関連銘柄や商品銘柄は、スポット金が0.5Lot、日本225(日経225)が1Lot、WTI原油が2Lot……というように、銘柄ごとに最低取引単位が異なります。

 以下は、FOREX.comで、米ドル/円の現行価格から20銭ほど下にノックアウト価格を設定しようとしたときのスマホアプリの画像。「UP(上昇)」を購入するとき、1000通貨取引ならオプション料は210円程度、1万通貨取引でも2100円程度のオプション料しかかかりません。

FOREX.comのノックアウトオプション発注画面
FOREX.comのノックアウト・オプション発注画面

 通常のFX取引の場合、1000通貨の取引には最大レバレッジが25倍でも5200円、1万通貨の取引なら5万2000円の取引証拠金が最低でも必要になります(1米ドル=130円のとき)。FXと比較しても、ノックアウト・オプションの資金効率は、かなり良いことがわかります。
【※関連記事はこちら!】
FXの少額取引は初心者にメリットあり! リスクを抑えて利用できるおすすめ口座は?

どちらもノックアウト価格で必ず決済されるが、IG証券ではノックアウトプレミアムが徴収される

 IG証券、FOREX.comともに、ノックアウト・オプションの取引手数料(売買手数料)は無料です。ただし、ノックアウト価格に到達したときに、IG証券では「ノックアウトプレミアム」が徴収されますが、FOREX.comにノックアウトプレミアムはありません(IG証券のノックアウトプレミアムは一定ではなく、銘柄や相場の状況によって変わります)。

 ノックアウトプレミアムは、価格がスベり、指定した価格で成立しないスリッページを回避するための保証料と考えることができます。これにより、たとえば、リーマンショックやコロナショックのようなことが起こってパニック的に相場が急変しても、設定したノックアウト価格で必ず決済されます。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:IG証券

 ノックアウトプレミアムがないFOREX.comも、ノックアウト価格で必ず決済されるので、ノックアウト価格に達した場合に余計なコストが生じるか生じないかという単純な比較では、ノックアウトプレミアムのないFOREX.comのほうが有利と考えることもできます。ただし、両者のスプレッドを比較すると、FOREX.comはノックアウトプレミアム分のコストをスプレッドに上乗せしているようにも見受けられます
【※関連記事はこちら!】
IG証券とFOREX.comの主要通貨ペアのスプレッドを比較

 また、IG証券ではポジションを建てた時に自動的にノックアウトプレミアムが徴収されますが、ノックアウト価格に到達する前にポジションを決済した場合は返金されますので、ノックアウト価格に到達して取引が終了しなければ、IG証券のほうが総合的な取引コストで有利になる場合もあります
【※関連記事はこちら!】
ノックアウト・オプション──それはリスク限定で利益が狙える新しい金融商品

 ちなみに、IG証券はノックアウトプレミアムの水準を公表していませんが、ザイFX!編集部が問い合わせたところ、米ドル/円は通常時は「2.0銭」との回答がありました。

主要通貨ペアのスプレッドは多くが非公開だが、過去の配信実績なども踏まえるとIG証券が有利か

 次に、IG証券とFOREX.comがノックアウト・オプションで提供している為替の通貨ペアの中から、主要な通貨ペアのスプレッドを比較してみましょう。

■IG証券とFOREX.comの主要通貨ペアのスプレッド比較
【調査日:2024年2月15日】
通貨ペア IG証券 FOREX.com
米ドル/円 非公開 非公開
ユーロ/円 非公開 非公開
英ポンド/円 非公開 非公開
豪ドル/円 1.3銭原則固定 非公開
ニュージーランドドル/円 4.0銭 非公開
カナダドル/円 4.0銭 非公開
ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定 非公開
英ポンド/米ドル 1.5pips原則固定 非公開
豪ドル/米ドル 0.9pips原則固定 非公開
ニュージーランドドル/米ドル 3.0pips 非公開
※スプレッドはすべて例外あり

 現在、FOREX.comは非公開、IG証券も米ドル/円を始めとした主要通貨ペアの一部が非公開なので一概には言えませんが、過去の配信実績なども踏まえると、全体的にはIG証券のほうがスプレッドの水準は狭い傾向にあるといえます。

 ただし、IG証券の場合は先ほど紹介したとおり、ノックアウト価格に到達するとノックアウトプレミアムがかかります。そのため、ノックアウト価格に到達してしまった場合はFOREX.com、ノックアウト価格に到達する前にポジションを決済した場合はIG証券のほうが、トータルのコストでは有利になることが多いと考えられます。

■IG証券とFOREX.comの米ドル/円の取引コスト(参考)
  ノックアウト価格の到達前に決済 ノックアウト価格に到達して決済
IG証券 0.6銭 2.6銭
(スプレッド0.6銭+ノックアウトプレミアム2.0銭)
FOREX.com 0.9銭 0.9銭
※スプレッドは過去の配信実績を踏まえた参考値。スプレッドはすべて例外あり

 ノックアウト価格に到達した場合のコスト負担が気になるならFOREX.com、ノックアウト価格は万が一のときの備えで、ノックアウト価格に到達する前に決済することを前提になるべく低コストで取引したいという人はIG証券を選ぶという手もあるでしょう。

ノックアウト・オプションもポジションを保有している間はスワップポイントがもらえる。全体的にはIG証券が有利

ノックアウト・オプションでも通常のFX取引と同様、営業日が切り替わるごとにスワップポイント(スワップ金利)の受け払いが発生します。原則として金利の高い通貨を買って金利の低い通貨を売る方向でポジションを保有していればスワップポイントを受け取れ、逆の場合は支払う必要があります。

 以下は、IG証券とFOREX.comの、主要通貨ペアのスワップポイントを比較したものです。

■IG証券とFOREX.comの主要通貨ペアのスワップポイント比較
【調査日:2024年2月13日】
  IG証券 FOREX.com
売り 買い 売り 買い
米ドル/円 -245円 211円 -269円 187円
ユーロ/円 -201円 165円 -227円 138円
英ポンド/円 -298円 258円 -331円 225円
豪ドル/円 -135円 107円 -148円 92円
ニュージーランドドル/円 -152円 126円 -165円 108円
カナダドル/円 -170円 140円 -186円 123円
ユーロ/米ドル 42円 -84円 18円 -108円
英ポンド/米ドル -12円 -33円 -43円 -63円
豪ドル/米ドル 13円 -43円 -4円 -62円
ニュージーランドドル/米ドル -13円 -16円 -36円 -42円

 上の表を見ると、調査日時点では受け取る金額と支払う金額の両方で、全体的にIG証券のほうが有利な印象を受けます。

 なお、IG証券では株価指数を取引する場合、「ブル(上昇)」のポジションを保有しているとファンディングコストの支払いが発生し、「ベア(下落)」のポジションを保有している場合は、当該国の基準金利が2.5%以上(ミニ取引は3.0%以上)なら、原則としてファンディングコストを受け取ることができます。ただし、当該国の基準金利が2.5%未満(ミニ取引は3.0%未満)の場合は支払いになります。

 また、ボラティリティ指数や商品銘柄でもファンディングコストが発生しますが、こちらはフォワードカーブ(先物曲線)に沿った日々の動きとIG証券の資金調達コストによって計算されます。

PCとスマホの両方から取引可能。FOREX.comは、世界中のトレーダーに人気の「TradingView」を利用できる!

 最後に、IG証券とFOREX.comの取引ツールを紹介しましょう。どちらもPC(パソコン)版の取引ツールと、スマホアプリ(Android/iOS)を提供していて、インターネットに接続できる環境であれば、場所を選ばずトレードできます

 以下は、IG証券とFOREX.comの、それぞれのPC版取引ツールのノックアウト・オプションの取引画面を並べたものです。

IG証券(上)、FOREX.com(下)の取引画面
IG証券(上)、FOREX.com(下)の取引画面

 そして以下は、スマホアプリの取引画面を並べたものです。

IG証券(左)、FOREX.com(右)の取引画面
IG証券(左)、FOREX.com(右)の取引画面

 取引ツールに搭載されているチャートは、IG証券は独自のもので、FOREX.comは「TradingView」を採用しています。TradingViewは、月間のアクティブユーザーが5000万人を超える人気のチャート分析ツールで、近年ではチャートツールにTradingViewを導入するFX会社も増えてきており、多くのFX投資家に利用されています。
【※関連記事はこちら!】
「TradingView(トレーディングビュー)」の有料機能を無料で使う裏ワザがあった! 大人気のチャート分析ツールを賢く使おう
TradingView(トレーディングビュー)がマジで便利! 登録方法や使い方を簡単に解説!

 また、どちらの口座もPC版・スマホアプリの両方で、「利益確定の逆指値注文」を出すことができます。予想どおりに相場が動いて利益が出ているときに、相場を見ていなくても最低限の利益を確保することができます。ただし、逆指値注文の場合は通常のFXと同様、スリッページが発生して指定した価格とは異なる価格で注文が成立する場合があります。

 「ノックアウト・オプション」は、やり方次第ではFXよりも少ない資金で取引できるのが特徴です。元手となる資金が少ない……という人にもおすすめできる商品なので、興味のある人はぜひ試してみてはどうでしょうか。

■ノックアウト・オプションが取引できる口座を比較!
◆ IG証券【ノックアウト・オプション】⇒詳細情報ページへ
為替の最低取引単位 取引期限 対象銘柄 取り扱い銘柄数
1万通貨 最長1年程度 為替/株価指数/商品 約140銘柄
取引手数料 ノックアウトプレミアム 専用アプリ 搭載チャート
無料 あり iPhone/Android 独自
取引時間
米国夏時間…AM5:00~土曜AM6:00
米国標準時間…AM6:00~土曜AM7:00
IG証券【ノックアウト・オプション】の特徴
※最大5万円のキャッシュバックキャンペーン実施中!
IG証券が通常のFX口座で取り扱う約100種類の豊富な通貨ペアに加え、世界の主要な株価指数、コモディティ(商品)、ボラティリティ指数まで取引できるのが最大の魅力。いろいろな銘柄でノックアウト・オプションを取引したい人におすすめです。
※市況状況の変化などで取り扱い銘柄数は上記と異なっている場合があります。最新の取り扱い銘柄や銘柄数は、取引ツールで確認するようにしてください
▼IG証券【ノックアウト・オプション】▼
IG証券【ノックアウト・オプション】の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ FOREX.com【ノックアウトオプション】⇒詳細情報ページへ
為替の最低取引単位 取引期限 対象銘柄 取り扱い銘柄数
1000通貨 最長1年程度 為替/株価指数 40銘柄
取引手数料 ノックアウトプレミアム 専用アプリ 搭載チャート
無料 なし iPhone/Android Trading View
取引時間
米国夏時間…AM6:00~土曜AM6:00
米国標準時間…AM7:00~土曜AM7:00
FOREX.com【ノックアウトオプション】の特徴
最低取引単位が1000通貨なので、銘柄によっては数百円程度と、非常に少額から取引することができます。取り扱いは40銘柄ですが、FXの主要な通貨ペアはひととおり揃っているので、必要十分なラインナップといえます。ノックアウトプレミアムがないので、ノックアウト価格に到達しても総コストがスプレッド分のみというメリットもあります。※2021年11月24日より、トルコリラ/円、米ドル/トルコリラ、ユーロ/トルコリラは取引停止中
▼FOREX.com【ノックアウトオプション】▼
FOREX.com【ノックアウトオプション】の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ ゴールデンウェイ・ジャパン【FXTF GX-ノックアウトオプション】
最低取引単位 取引期限 対象銘柄 取り扱い銘柄数
1Lot 1日 為替/商品 11銘柄
取引手数料 ノックアウトプレミアム 専用アプリ 搭載チャート
無料 あり(反対売買時) iPhone/Android Trading View
取引時間
米国夏時間…AM7:05~土曜AM5:55
米国標準時間…AM8:05~土曜AM6:55
通貨ペアは米国の夏時間・標準時間に関わらず、AM8:00~土曜AM5:00
ゴールデンウェイ・ジャパン【FXTF GX-ノックアウトオプション】の特徴
7通貨ペアと米ドル建ての金・銀・原油・天然ガスの4銘柄、計11銘柄を取引できます。取引期限が1日と非常に短いので、ある程度の明確なトレンドが発生した際に、バイナリーオプションのような感覚で活用することもできそうです。
※「ノックアウトプレミアム」とは、ノックアウト価格に達したときにノックアウト価格で必ず決済されることが保証される代わりに支払うコスト。FOREX.comとFXTF GX-ノックアウトオプションもノックアウト価格で必ず決済されますが、ノックアウトプレミアムの支払いはありません。ただしFXTF GX-ノックアウトオプションの場合、期限到来前に反対売買で決済をおこなうと、反対売買時の原資産価格とノックアウト価格の差額にノックアウトプレミアムを加えた金額が売却価格となります
IG証券ノックアウトオプション
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
田向宏行 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る