ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円は102円台手前で足踏み、
今晩は重要イベント盛りだくさん!

2014年04月15日(火)15:25公開 (2014年04月15日(火)15:25更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 欧州序盤ではドル円は101円台の中盤。ユーロドルは1.38台の中盤であった。日本時間の15時に最後通告とかで東ウクライナ問題がクローズアップされていたが、時間を過ぎても何も起こらず。かえって安心感がマーケットに戻ってきたような感じとなって、欧州時間ではややリスクテークが進んだ。

 確かに材料出尽くしかもしれない。私もドル円でも買って見ようかなという気になった。102円台にここ最近は戻しきれていないので、なかなか101円台の後半部分を買っていくのは嫌なものであるが、仕方がない。101.66で買ってみた。夕方は出かける用事があったので、101.50でストップ注文だけ置いておく。2時間後には帰宅するのだから、シティ銀の決算発表には間に合うはずだ。

 先週末のJPモルガンの決算が悪かったので、今回の米企業業績は未達のものが多いのではないかとの懸念がマーケットに出てきている。それで先週末の米国株は大きく下がった。それを確認しにいくのが今週になるのだが、今週は米企業決算の山場である。とりあえずシティ銀行だ。私は別の観点からドル円をロングにしたのだが、やはり持った以上は良い決算になってほしいと願望する。

 結果はアナリスト予想を上回るものだった。時間こそかかったが、ドル円はなんとか101.80を越えてきた。いよいよ102円ちょうどが近づいてきた。私はその手前はやはり重いと見ているので、101.80を越えてきた今となっては、すでに利食い売りの態勢に入っている。101.80を割りこんでくると、すぐに売り払った。10ポイントしか取れなかった。しかし久しぶりのドル円のロング攻めで取れた取引だった。

 アメリカの小売売上高も予想を上回った。ミクロ指標もマクロ指標も良かったので、文句なく米国株は上昇。ドル円も瞬間的に102円台に乗せた。ユーロドルは欧州時間を通じて安い。1.38台のローマで下がって、そのまま安値圏での張り付きのまま。

 さて今日も朝からドル円は高値攻め。しかしなかなかクリアに102円台に乗せることが出来ないでいる。それはひとつには日本株が上がらないからだろう。リスクオフになっているのである。昨日の海外市場では株価は総じて堅調だったのに、日本株のこの重さはリスク回避に走るだけの理由に十分だ。

 このような挙動を見ていると、私としてはドル円を102円ちょうどの手前で売りたくなってくる。しかしドル円が下がり出さないと、手を出そうにもなかなか出ない。ランチタイムに102円台乗せを目指したのか101.97近辺までは上昇したが、届かず。

失望売りを誘うかと思って売り込んでいったが、101.80台に入ってくると動きは止まった。結局10ポイントも取れずにクローズした。その後もずっと値幅も少ないままだ。やはり欧州勢の参入のタイミングまで、もう一度待たなければならないかもしれない。

 今晩も決算発表に加えて、経済指標もいろいろ出る。またイエレン議長のスピーチも予定されているので、それにも注目したい。ニューヨーク時間の午前中にたくさんのイベントがあるので、日付けが変わる頃までにはマーケットの流れも見えてくるだろう。


日本時間 15時10分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る