ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

恐怖指数が極限まで低下している恐怖!
「オオカミは近くに来ている」と再度宣言!

2014年06月20日(金)17:11公開 (2014年06月20日(金)17:11更新)
陳満咲杜

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■米ドル/円続落、ユーロ/円下げ渋りの理由とは?

 ドルインデックスの下落とリンクした形で、米ドル/円も続落している。半面、ユーロ/米ドルはリバウンドを展開して底割れをいったん回避し、それがユーロ/円の下げ渋りにつながった。

前回のコラムで指摘していたように、円高を牽引する通貨ペアが、再び米ドル/円に帰するのも自然な値動きだ。

【参考記事】
ドル/円と米雇用統計の関連性は高くない。円高の牽引役はユーロから米ドルへ?(2014年6月13日、陳満咲杜)

 テクニカルの視点では、ドルインデックスの続落はもっともわかりやすい。たびたび指摘してきたように、6月5日(木)の日足は、典型的な「フェイク セットアップ」というプライスアクションを示していたので、いったん調整、すなわち反落を避けられなかった。

 足元では、ドルインデックスが再度6月6日(金)安値を下回り、調整波の進行が一段と鮮明になっている。 

ドルインデックス 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 ゆえに、ドルインデックスと逆相関を示すユーロ/米ドルが底割れを回避したこと、つまり、6月5日(木)安値を割り込めずにリバウンドを展開してきたことも当然である。

■米ドル全体の下落はユーロ以外が受け皿に

 ドルインデックスと逆の形で、ユーロ/米ドルも6月5日(木)の足型をもって「フェイク セットアップ」のシグナルを点灯していたから、ユーロの下げ一服、至ってスピード調整(反騰)も予想の範囲内である。なお、フェイク セットアップについて5月9日(金)コラムをご参照いただきたい。

【参考記事】
ユーロのトップアウトがもたらす全面円高。杞憂ではなく相場の「天」は時に落ちる!(2014年05月09日、陳満咲杜) 

ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 ただし、注意していただきたいのは、ドルインデックスの下落分に対応するほどにはユーロ/米ドルが反騰していない点だ。

 今月(6月)安値を更新しているドルインデックスに対して、ユーロ/米ドルは6月6日(金)の高値に届いていないし、執筆中の現時点では200日移動平均線(200日線)の打診もまだ実現していない。

 要するに、今回の米ドル全体の下落はユーロ以外の外貨が受け皿となったわけだ。

 ユーロ以外の主要外貨と言えば、英ポンド、スイスフラン、円あたりが最も注目されるだろう(利上げ観測の強い豪ドルとNZドルは、ドルインデックスに含まれていないため、ここではいったん対象外と扱う)。

■利上げ前倒し観測の英ポンドの上昇が顕著

 そのうち、利上げ時期の前倒しが観測される英ポンドの上昇は最も目立ち、英ポンド/米ドルは2008年10月以来の高値を更新している。 

英ポンド/米ドル 月足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 対照的に、円やスイスフランの上昇スピードはかなり限られるとの印象が強く、ユーロクロスの軟調と対照的に、英ポンドクロスの堅調が目立つ。英ポンド/円はその好例であろう。 

英ポンド/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 言い換えれば、米ドル/円の下落は目先、ドルインデックスと連動する形でとらえられる以上、値幅が限定されているのも仕方がない。

 為替マーケット全体における変動率が縮まっている中、米ドル/円のボラティリティーも一層低下している。6月になってから執筆中の現時点まででわずか1円程度という米ドル/円の値幅が、目先の全般的な円高余地を限定し、これがユーロ/円の底割れ回避と英ポンド/円の上昇につながったわけだ。

 一方、円高トレンド自体は修正されたわけでもない。日経平均が…

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る