ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

雇用統計を受けてドル全面高、
ドル円102円台キープなるか

2014年07月07日(月)15:41公開 (2014年07月07日(月)15:41更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 金曜日は雇用統計の結果を受けてのマーケットになるはずだった。つまりたいへん良かった雇用統計の内容をうけて、その消化具合を試しにいくということだ。このまま長期金利の上昇は許されるのか。ドル高に向かっているが、それはついていってもいいものなのか。

 そして米国株は歴史的な最高値を更新してきて、ますます高値追いの状態に追い込まれているが、これは本物なのか、それとも一時的な短期筋の買い戻しによるものなのか。だがあいにくアメリカが休みなので、マーケットには動意がなく、参加者も少ない。したがって私も参入する気になれない。

 欧州序盤ではドル円は102円ちょうどくらい。雇用統計の直後に102.25あたりまで高値を付けて、その後は徐々に値を切り下げている段階だ。ユーロドルもやや重いので、ユーロ円が重く見える。しかし欧州の株価もそれほども下がっていないし、グローベックスでの米国株も下げていない。とてもリスク回避になっているわけではない。まあ単なるポジション調整の領域なのだろう。

 今日のアジア時間でもマーケットは動かない。しいて言えば、ややリスク回避の方向で動いていると言うべきか。それでもポジション調整の域を出ない。ドル高のバイアスがかかっているはずであるが、肝心の米ドル金利が、短期も長期も上がっていかない。雇用統計の発表直後に金利高をやってしまったという感じで、ちょっと金利が上がりにくい状況になっている。

 ドル円も東京市場の仲値決めに向けて102.20近くまで買われたものの、その後は押され気味。肝心の米国市場が雇用統計の結果を、まだちゃんと消化しているとはいえないので、連休明けのニューヨーク勢の動きを確かめたいところだ。

  今週は海外でのイベントが少ない週にあたる。経済指標も注目すべきものが少ないうえに、政治イベントも詰まっていない。相対的に地政学的なリスクの増減がマーケットに影響を与えることが大きくなりそうだ。中東ではパレスチナでの緊張まで高まっている。また米国株が歴史的な最高値に位置しているのも、それ自体が材料になりそうだ。いよいよ米企業決算も始まるシーズンを迎える。


日本時間 15時20分
 

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る