ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドル1.27台まで続落!
ドルブル相場の腰は強そう

2014年09月25日(木)15:51公開 (2014年09月25日(木)15:51更新)
持田有紀子

FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!

 昨日はドル円が108円台のミドルで欧州序盤を迎えた。ドル円は109円攻めをやって、失敗した後に下げてきている。落ちてきているのだから買いづらいところだが、短期的なトレンドは上を向いているので、絶好の押し目なのかもしれない。それは時間が経ってみないとわからないことだ。ここで拾ってよいかどうかは、やはりユーロドルの下げが鮮明に見られる局面においてであろう。さっそく17時発表のドイツの景況感を待つことにした。

 IFO指数は予想よりも悪かった。というよりもニュースには興味はなく、ユーロドルが下げを開始するかどうかである。値動きにしか興味がない。ユーロドルは日足でも見ても、きれいな下げトレンド。今週の月曜日につけた1.2817が、今年の最安値でもある。IFOが出た後は、やや軟化。しかしスピードは遅いし、やっと1.2850を下回ってきたというところだ。やはり親値まではまだ間がある。ユーロドルの下げに応じて、ドル円も上がってきたが、昼間の高値には届かない。ちょっと休んで21時以降のニューヨーク勢の参入まで待とう。

 そうこうしているうちにユーロドルが下がってきた。1.2830も下回ってきて、いよいよ安値更新の準備段階だ。夕方に売って置かないものだから、ここから売っていくのは中途半端だ。どうせ売るならば、1.2817を下回ってきてからのほうがいい。仮にうまくユーロショートをもっていたにしても、ここはいったん利食いだろう。ここからさらに下がって下抜けしても、そこからまた売り直せばよいだけだからだ。

 22時を過ぎると、俄然、ユーロドルが落ちてきた。安値は簡単に抜けた。何か材料が出たのだろう。経済指標はなかったので、要人発言とか、また地政学的リスクに絡んだこととか。とにかく緊張感の沸くレベルなので、ニュースを確認しておられない。私も速攻で売りにいったが、1.2809でしか売れなかった。忙しいところだが、1.2820というすぐに近いところで買い戻しのストップ注文だけ置いておく。

 するとあまりアゲインストにも会わずに、1.27台に突入。そして1.2785あたりまでスルッと下がった。リバンドもあるかもしれないが、とにかくストップ注文を1.2800まで下げた。下げたが、いつものことだが、これはダンになった。しかし戻りは鈍い。一方でドル円のほうも109円台に乗せなんとしている。ドルの全面高だ。

 ユーロドルの戻しはダマシだったようで、再び1.27台へ。私もすぐに売った。結果的にはロスカットしたのが無駄になったようにも見えるが、これはマーケットの道のりがこうなった以上、仕方のないことだ。逆に言うと「また売り直せばよい」という言い訳を含みながらロスカットを繰り返しているのが実情だ。それを今度は実際にやってみたまでのこと。

 1回目の差し込みはチャートで調べると1.2776までだったようだ。ずいぶんと取り損ねたものである。私のターゲットは1.2776近くに成らざるをえない。今度はストップ注文を置く前に、簡単に利食いができてしまった。ここの水準がそのまま一日の安値になったようだ。

 今日もドル高にかけるしかない。すでにユーロドルはアジア時間で前日の安値を下回ってきている。ドル円は朝がたの高値追いに失敗しているが、こちらもドルの押し目買いの意欲が強そうだ。私もドルブル。まあ、どこでドルを買っても同じなのかもしれないが。


日本時間 15時30分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年2月2日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 田向宏行 経済指標速報記事
バイナリーオプション比較 田向宏行 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る