ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ円は3円強のリカバリー、
経済イベントよりもユーロのゆくえ要注意!

2015年01月27日(火)14:27公開 (2015年01月27日(火)14:27更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は早朝のセッションでユーロドルは1.10台に突っ込んだ。そしてユーロ円は130円ちょうどを割る寸前まで落ち込んだ。ユーロの全面安である。そしてその後の動きが気になるところだった。もっとユーロ安の度合いを強めるのか。それともここで底打ち感が出てしまって、早急なユーロ買いの相場展開になってしまうのか。

 アジア時間ではユーロドルは戻したとはいえ、1.11台にステイしたまま。欧州序盤ではユーロを安いところで拾っておこうという意欲が強まって、1.12台まで戻した。形の上では底打ち感が出てくるところだ。これ以上、下がないと思えば、買っておくにしくはない。そうした安心感が蔓延して市場全体のリスク許容度も回復。

 そしてドル円も118円台まで戻してきた。ギリシャ情勢のほうも想定通りに進んでいるようだ。新首相が選ばれ、そして内閣も連立になるということだ。またEU連合とも話し合うという観測も流れ、ますますリスクテークに傾いてもよい素地が出来てきた。

 私もドル円、ユーロドルの腰の強さを見ていて、これで底打ちかなと心強いものを感じた。それで何度かドル円をロングにして攻めていったのだが、さすがに118.20アッパーからのロングでは簡単に勝てなかった。上限が118.50を超えなかったというのは結果論だ。

 それでもニューヨーク時間に入ってからのドル円は、簡単に上がらなかったなあというのが私の感想である。ユーロ円は朝の安値圏から3円以上もリカバリーしているというのに・・・。

 さて今晩はアメリカの経済指標がたくさん出る。それによってリスク相場の動向が振らされるというよりも、まだまだユーロの行方のほうが要注意だろう。昨日もユーロが戻ったとはいっても、ユーロドルは1.13台をつけきっていない。ちょっとした悪材料や要人発言で、1.11台に軽く逆戻りもありえそうだ。注意しておきたい。


日本時間 15時10分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る