ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

3日連続で安値トライのユーロドル、
端っこの攻めはいつも辛い

2015年03月04日(水)15:41公開 (2015年03月04日(水)15:41更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアジア時間のお昼前に、ある内閣参与の発言でドル円は上昇が一服。120円台に乗せていたのに、急速にしぼんだ。ドル円のこれ以上の上昇は持続可能ではないという。あまり根拠もなさそうな話だが、相場の反転時期を欲していた連中が飛びついた格好となった。

 ドル円はそのままズルズルと下がってきて、欧州序盤では119円台の中盤まで押し込まれてしまっていた。前日のからのドル円の高値追いの直後なだけに、ちょっとこの下げにはついて行きづらい。せめて戻り売りで攻めたいところだ。

 欧州時間ではドル円は119.70-80あたりで凍っていた。なかなかどちらにも振れない。やっと119.90がついて、もうちょっと上がって欲しいと思ったが、やはり120円台で買いこんだプレーヤーの逃げのオファーもかなり出ているようだ。上値は重たい。

 私も追いかける感じで119.86でやっと売った。速攻でストップ注文を119.95で置いて、後はマーケットに任すことに。時間はかかったがなんとかアゲインストには会わずに、欧州時間のコアレンジの下限である119.70あたりまで下がってきて、ニューヨーク勢の参入となった。

 米国株が急落してスタートした甲斐もあって、リスク回避の流れでドル円も下落。119.40あたりまで落ちた。落ちたのはよいのだが、その反動も大きかった。あっというまでに119.50を超えてきて、私も119.54で買い戻した。日付を超えてもしばらく4見ていたが、ドル円はいかにも重い。

 米国債はかなり下がってきており、長期金利は久しぶりのレベルにまで上がってきているのに、腰の入ったドル買いが入らなかった。しかしニューヨーク時間のランチタイム以降はドルの買い戻しも入って、ユーロドルが再び1.11台に沈んでくると、ドルは全面的に強くなった。

 ドルが強いせいもあるが、ユーロドルはこれで3日連続で前日の安値を下回ってきている。いよいよ1月のスイスショックのときの安値である1.1098に接近だ。端っこを攻めているときの特徴はいつも同じだが、本の数ポイントを更新するために、その何倍もの反動がある。

 前日の安値をほんの5ポイントだけでも攻めているのに、すぐに1.12台まで数十ポイントも切り返したりするのだ。これはトレンドフォローで攻めている筋からは、たいへんつらいものとされている。まあ、それだけ端っこで攻め込んでいる人が多いという現れであろう。それでも戻りはきっちりと切り下がってきているので、ダウントレンドであることに間違いはない。

日本時間 15時30分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る