ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドル今年の安値ついに更新、
金利会合を控えて荒っぽい動きに注意!

2015年03月05日(木)15:39公開 (2015年03月05日(木)15:39更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は119円台の後半。またユーロドルは1.11台の後半であった。特にユーロドルの安値攻めは続いており、その戻りも鈍いことから、なかなかコストのよいユーロショートはつくれない。攻め込むのは前日の安値を下回ってきた瞬間に、突込み売りをするしか効果的にポジションを持つ機会はなさそうだ。

 ユーロドルの下値、つまり前日の安値を気にしていたが、まだ30ポイント弱ほども間があるなと思って見ていたが、いきなり急落。前日の安値である1.1155を下回ってきた。私は売りのストップ注文を出して置くなどして備えていなかったので、ユーロ売りはかなり出遅れた。1.1139でしか売れなかった。

 勢いに乗って売っていたものの、先ほど石敷きしていたユーロドルのレベルよりも40ポイントほども下がってしまっている。しかもこのまま下がっても今年の安値の1.1098がネクストサポートとして控えているのはいうまでもない。持ち心地が悪くなりそうだ。早くもそのような消極的な見解が自分の頭の中にめぐってきて、逃げのための買い戻しに意識が集中してしまった。とりあえずできることの手始めとして、1.1150で買い戻しのストップ注文を出しておいた。

 30分以上はかかったが、ユーロの戻りはそれほどもなく、次の下げステージで1.1115アラウンドまで下げてきた。私は7ポイントで反転時期を確定するトレイルしていたので、この場での1.1122で買い戻しとなった。その後は低位安定となったが、当初、私がストップロスを置いていた1.1150はついに超えず。そのままニューヨーク時間に突入した。

 ニューヨーク序盤では大きな動きはなかったが、米国株が始まってみると急激にユーロの下げが加速した。そして私も1.1098割れで売り参入。10ポイントほどで利食いしたり、また動き出してはユーロ売りに励むなどしたりして、ユーロの下げ局面を慎重にトレードしていた。

ユーロドルは1.1060あたりまでが安値となって、しばらく安値圏でもむこととなった。動かなくなったので仕方なく私も寝たが、このユーロの下げトレンドはまた翌日も楽しめるのではないかとも思って眠りについた。

 東京時間の終盤でユーロドルは昨日の安値を割ってきた。ECBの金利会合とドラギ総裁の会見があるため、思惑的な動きも出ているのだろう。イギリスの金利会合も予定されている。ちょっと荒っぽい展開も予想されるが、結果そこから新たな発見はないとなると、明日の雇用統計に向けての様子見が強まると予想される。


日本時間 15時20分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る