ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

「ポンド危機」を招いた張本人がギリシャは
ユーロ圏をたぶん離脱すると発言!

2015年04月16日(木)18:33公開 (2015年04月16日(木)18:33更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■米ドル/円は当面下値を模索する展開が続くか

 加えて、現時点(4月16日)での為替相場の焦点はユーロであり、ユーロが対米ドルに加え、対円でも下落基調を続けていることが、米ドル/円の上昇を抑制しています。

ユーロVS世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロVS世界の通貨 4時間足

 122円でトップアウトした米ドル/円は、当面、下値を模索する展開が続きそうです。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

■ギリシャの「Grexit」の可能性はさらに高まる

 一方、今週(4月13日~)に入ってもギリシャの「Grexit」(ユーロ圏離脱)の可能性はさらに高まっています

【参考記事】
ギリシャが5月中旬以降、ヤバい理由とは? 鉄鉱石価格暴落で豪ドルはまだまだ下がる

 4月13日(月)には、米大手銀行モルガン・スタンレーが、ユーロ/米ドルは年内にパリティ(1ユーロ=1米ドル)まで下落すると予測。

 ゴールドマンサックスはすでに「ユーロ/米ドルは2015年年内にパリティまで急落」と予想しており、米大手銀行が揃って、ユーロ/米ドルは2015年年内にパリティを突破すると予測していることになります。

ユーロ/米ドル 週足

(出所:米国FXCM

 4月14日(火)のフィナンシャル・タイムズ(Financial Times)では、「4月末までにギリシャと債権者の合意がまとまらないと、5月と6月にIMF(国際通貨基金)に返済する償還資金が準備できず、デフォルト(債務不履行)の準備を進めている」と報道。

 ギリシャ政府関係者はこの報道を否定していますが、現状のままだと、ギリシャの国庫が空になるのは時間の問題で、債権者と合意できなければ、ユーロ圏で前代未聞のデフォルトとなる可能性が高まっています

■ドラッケンミラー氏の「Grexit」に関するコメントが話題に

 そして昨晩(4月15日)は、ブルームバーグテレビジョン(Bloomberg TV)に、ドラッケンミラー氏(※)が登場。このインタビューの中で彼が「Grexit」について「たぶんね(Probably)」と答えたことが話題に。

 報道によれば、彼は他の市場については

(1)中国経済の改善

(2)原油価格の上昇

(3)FRB(米連邦公開市場委員会)の年内の利上げはない

 と予測している模様。

 その原油価格は彼の予測どおり、昨日(4月15日)、56ドル台へと大幅反発

(※編集部注:ドラッケンミラー氏はヘッジファンドのファンドマネジャーとして、長年に渡って高い収益を上げてきた人。1992年にはジョージ・ソロス氏の片腕として、英ポンドを売り浴びせ、英国を欧州通貨制度(ERM)から離脱させて、10億ドル以上を稼ぎ出したと言われている。これがいわゆる「ポンド危機」)

NY原油先物 日足

(出所:米国FXCM

 ドラッケンミラー氏を筆頭に、多くのヘッジファンド、大手米銀も「Grexit」が既定路線であるかのように予測

 「Grexit」の可能性が高まることに加えて、ECB(欧州中央銀行)が、マイナス金利とQE(量的緩和策)でユーロ安政策を進めている、ユーロ/米ドルの行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 田向宏行 経済指標速報記事
キャンペーンおすすめ10 田向宏行 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る