ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

人民元の切り下げでリスクオフ、
それでも125円台乗せのドル円要注意!

2015年08月12日(水)15:59公開 (2015年08月12日(水)15:59更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日は昼間に日本株が今年の最高値をうかがう動きとなり、アジア時間ではリスクテークの動きが強まるものかと思われた。しかし中国の中央銀行が人民元を切り下げ。1.9%だからドル円に直すと2円強なので大幅な切り下げというわけでもない。

 だがこれまで元高を長らく容認してきたこともあって、マーケットにとってはサプライズを与えるものだった。為替相場には、特にメジャー通貨であるユーロや円には大きなインパクトを与えなかった。

 しかし資本市場では中国の景気減速を懸念するには、十分過ぎるほどの材料と映ったようだ。確かに最近まで中国株の急落もあり、いろいろと対策を施してきたところだ。管制相場だと揶揄されても、なんとか中国株は値崩れしないで持ちこたえている状況を作り出していたのである。でもそれが実体経済にはほんとど効いていないのではないかという疑問が表出してきたのだ。

 これは今年になって量的緩和を始めたユーロ圏で、欧州債の相場が急落した時と様相が似ている。いくら金融緩和といって当局が身を乗り出しても、実は相場を支え切れないのではないかという根本的な問い。アメリカや日本の次に3番箭じでやってみたものの、やはり効かないのではないかと懐疑的になった展開と同じだ。

 そういうわけで中国経済の減速は、世界経済への即ダメージにつながる。欧州株も安いまま、米国株がスタート。やはり安い。そしてリスク回避も急がれるはずなのに、ドル円もユーロドルもあまり下がらなかった。

 いやむしろ上昇してきた。私もリスク回避狙いで何度かドル円を売ってみたりしたのだが、まったく話にならない。ドル円は124円台の後半でまったく下がらないのだ。ユーロ円まで上がってきて、為替相場だけは反対の方向に動いているとしか言いようがない。

 さらには原油価格も42ドル台にまで突っ込んできた。これは今年の最安値に並ぶレベルだ。OPEからの発表で7月分の原油生産が3000万バレルを超えたからダブつき感が出たようだ。ともかくも原油価格の下落もリスクオフの要因の一つだ。

 それなのにドル円は125円台に乗せてくるわ、ユーロ円はまったく下がらないわで、実に面白くない相場展開がニューヨーク時間では続いた。こうなると人民元の下げは、ドル円やユーロドルの買いということで反応すべきなのだろうか…。

 そして今日も人民元が1.6%切り下げると発表があった。そして午前中には確かにドル円もユーロドルも少しばかりではあるが、上がった。その結果としてユーロ円は昨日の同じ時間から2円以上も上がってきている。リスク相場とは別物として考えないといけないのだろうが、株安も進むため無視しづらいものがある。


日本時間 15時30分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

100万口座達成!

GMOクリック証券[FXネオ]

最短即日取引可能なGMOクリック証券!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 人気FX会社ランキング
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 人気FX会社ランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る