ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円久しぶりの122円台へ後退、
リスクオフの流れを注視!

2015年08月21日(金)14:57公開 (2015年08月21日(金)14:57更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は中国の株安が意識されて、日本でも株安となった。そのあおりをうけてドル円も頭は重い。欧州序盤では124円ちょうどアラウンドでのスタートとなった。そこへいきなり北朝鮮のロケット弾の話が出てきた。韓国軍と交戦中だとか、様々な話が伝わってくる。ナイトセッションで日経先物は2万円の大台割れを喫している。これは地政学的なリスクの高まりなのだから、当然の動きだ。

 問題はドル円である。日本の近くで軍事問題が出来というだけで円売り材料。しかも古株のトレーダーたちは有事のドル買いだと思っている。ドル円的には上げ要因でしかない。しかし1990年代の後半以降は欧米の株価が大きく値上がりしてくる過程で、マーケットはリスクのありように振らされることが多くなった。

 つまりリスク的には株価などが下がる一方で、ドル円やユーロ円は下がるというパターンが定着して久しい。だから瞬間的にどちらに反応していいのか、その直後の時点ではわからない、迷うのだ。私も素直にドル円では手が出なかった。この点、株や債券では方向がわかっているから、手を出しやすいのだろう。

 私も迷ったが、マーケットも迷った。ドル円はやや下がったとは言うものの、どちらかというと124円ちょうどをはさんでの小動きに徹したからだ。その間、グローベックスでの米国株は大きく崩れ、また日経先物も19800円台に突入するなど、状況は緊迫している。ドル円がショックアブソーバーの役割を果たせていない。

 ニューヨークオープンが近付いてきて明白になってきたのは、ドル売りの流れだった。ユーロドルが1.11台の後半まで上がってきて、いよいよ先日、失敗した1.2台乗せをトライというところだった。まあ、米国株も安いことだし、これからリスク相場の流れにもなるだろうと考えて、私は動きの鈍いドル円を売っていった。123.71だった。

 日付が変わる頃になって、ギリシャの総選挙のトピックが流れだした。すでに国民投票を行ったが、その結果、つまり緊縮案を拒否したはずだったのに、あっさりとEU提示の緊縮案を飲んでしまったのが、ギリシャ政権の与党内部で対立を起こしている。政権運営もうまくいかない。

 これでは総選挙もやむなしなのだが、問題は選挙した結果、緊縮を進める政権ができあがるのかということである。マーケットの不安定要因がひとつ増えたのだ。私はドル円の利食いは123.00で、損切りは124.00で置いておいたのだが、朝までダンにはならなかった。

 ドル円は今日のアジア時間、ランチタイムになってから下がってきた。さすがに日本株も大幅安を目の前にして、リスク重視の姿勢が前に出たものだろう。私は当初の予定通りに123.00のちょっと手前で買い戻したが、122.80あたりまで差し込んでいる。

 今晩も経済指標など、ファンダメンタルズはまったく無視されることになりそうだ。注目は依然として下げ続けている中国株の動向と、昨日、再燃したギリシャ問題である。それを見極めるには株価をウオッチしているのがよい。株価の上下が市場心理を表すものと見て、それに合わせてドル円をトレードしていきたい。

日本時間 15時00分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る