ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

年末に向けてドル需要急増の可能性大!?
米ドル/円は上昇トレンド継続で125円へ

2015年11月12日(木)16:38公開 (2015年11月12日(木)16:38更新)
西原宏一

【GMOクリック証券】圧倒的人気で100万口座達成!最短即日で取引可能!

■米ドル/円上昇継続のカギを握るNYダウ

 ただ、12月に米利上げを控えて、米ドル高トレンドは変わらず。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 この米ドル/円の上昇継続のカギを握るのは、このコラムでも何度か取り上げましたが、NYダウの動向です。

【参考記事】
NYダウは節目到達、調整あって仕方なし。日本生命が豪ドル/円相場を下支え!?(10月15日、西原宏一)
日銀会合はゼロ回答との予測が浸透。ドル/円はなぜ、118.06円で下げ止まった?(10月22日、西原宏一)

 7月まで堅調に推移していた日経平均と米ドル/円ですが、8月後半のNYダウの急落に連れ、米ドル/円が一時、116.15円まで急落したことは記憶に新しいところ。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 そのNYダウですが、5月高値と8月安値の61.8%戻しが1万7212ドル。10月中旬にはその61.8%戻しの水準を上抜き、再び1万8000ドルをうかがう展開

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:CQG)

 8月の米ドル/円の急落を誘引したNYダウが再び底堅く推移していることから、外部環境からの米ドル/円急落懸念は大方払拭されたと言えます。

 一部で期待された日銀の追加緩和が見送られたため、米ドル/円の上昇スピードは緩慢ですが、前述のように、NYダウは堅調、それに伴い、日経平均は2万円をうかがう展開でリスク許容度は良好。

 そして、郵政3社上場も成功裏に終了。

【参考記事】
郵政グループ3社上場成功で日本株活況! 12月米利上げに向けてドル高トレンド不変(11月5日、西原宏一)

■12月の米利上げ濃厚で米ドル需要が急増する可能性も

 加えて、マーケットではベーシススワップ(※)の拡大が話題になっています。

(※編集部注:「ベーシススワップ」とは異なる変動金利同士を交換する取引のこと。同じ通貨同士で行なわれるものと、円と米ドルなど異なる通貨間で行われるタイプのものがある。ここで話題になっているのは後者)

米ドル・円 ベーシススワップ 1年物
米ドル・円 ベーシススワップ 1年物

(出所:CQG)

 もともと越年の米ドル調達にはコストがかかります

 今年(2015年)は、12月の米利上げが濃厚となってきたため、ベーシススワップが拡大。つまり、米ドルを市場に出す参加者が減少しており、米ドル需要が急増する可能性が高まっています

 このベーシススワップの拡大が12月に向けて、米ドル上昇を後押しする流れになるとの見方も増えてきました。

 ともあれ、日経平均も2万円に向けて反発中。米金利の上昇にもかかわらず、NYダウも底堅い動きとなっています。

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:株マップ.com

 10月15日(木)から続いている米ドル高トレンドは変わらず、米ドル/円は125円に向けて上昇中

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:ヒロセ通商

 12月に向けて、じり高の展開が続く米ドル/円の行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る