ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスクオフでクロス円総崩れ、
原油価格の動向をさらに注視!

2015年12月14日(月)12:36公開 (2015年12月14日(月)12:36更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 金曜日のアジア時間ではドル円が122円ちょうどを挟んでの動きであった。ここからは見方がわかれるところ。先週の安値である121円台の前半を底として、ドル円は上がっている見方がそのひとつ。今週の水曜日にはFEDが利下げをすることがほぼ確実視されており、それが強力にドル買いの意欲を煽っている。

 一方でドルの戻りは鈍いとする見方である。ユーロドルに見られるように、ドルの上値攻めは当面は終了したとする考えである。とくに原油安が続いている現状としては、マーケットのリスク回避を誘いやすい。そうなると再びドル金利の先高観が委縮し、ドルロングのポジション調整を促してしまう。

 注目の原油価格は36ドル台でぴったりと安値張り付きをしている。ここまで張り付いていて、戻りのショートカバーを見せないところを見ると、相当に下サイドに行きたがっているとしか思えない。私もそれが株安につながり、やがてはドル円やユーロ円の安値攻めをもたらすと考えているところだった。

 だが売り場を探していたのだが、まったく戻りはない。ドル円は121円台の後半からズルズルと121円台の前半まで下がってきてしまった。あまりにもスピードも勢いもなかったので、私もつい売りそびれてしまった。次に売るとしたら週の安値である121.07をわりこんできたところにするしかないのか。

 クリスマス商戦が気になるところで、アメリカの小売売上高の数字が発表された。その瞬間だけドルは跳ね上がったが、相場の流れを変えるには至らず。すぐにドル円は下攻めに向かった。今度は私もドル円を売ることができた。121.44で売りこんでみたが、ショートカバーも怖いので、あんまり耐えることは無用の長物だろう。15ポイントリスクの30ポイント狙いが当面の作戦だ。

 これは上手くいった。ドル円は121円割れことはしなかったものの、先ほどのステージの安値は下回ってきた。自分は利食いで買い戻して一服していたら、ドル円はついに120円台に突入してきた。米国株のオープンもあり、安く始まった。また原油相場も思い切り新安値を狙っている。

 マーケットは完全にリスクオフ。私も120円台でもいいから売って行きたかったが、土曜日の早朝から用事があったので、ポジションを持って週超えするリスクを避けることにした。

 ドル円は120.60あたりまで下がった。そして米国株は大幅安を演じ、日経先物も18600円台まで下げている。原油は1ドルくらいしか下がっていないのに、ちょっと過敏な反応となっている。これまで原油安をナメきっていたような動きだったのだから、今回のリスク調整は仕方のないものかもしれない。


日本時間 13時00分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る