ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスク回避姿勢にまた逆戻り、
ちょっとドル円レンジ内か

2016年01月14日(木)15:14公開 (2016年01月14日(木)15:14更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日はアジア時間で日本株が大幅上昇をした。確かに昼前に出た中国の貿易統計は予想よりも良かったし、原油相場も一段安していない。それでも日本株は買いで反応し過ぎである。外部要因であるところの、肝心の米国株などはグローベックスセッションでそれほども上がっていないのだ。

いやむしろ午後からは中国株が急速に値を下げている。だから日本株は東京市場では高値張り付きで、そのまま高値引けしたということで、割高感が強まったまま海外市場入りすることになった。

 余りにも高すぎるので、いつ崩れてもおかしくはない。後はきっかけ待ちである。リスク相場としての崩れが予想されるので、ドル円やユーロ円は下値方向ばかりが気にかかる。ドル円はアジア時間で118円台に乗せてきて、そのまま118円台で踏ん張っているが、それ以上の上がりも見せない。

日本株だけを見ていると、もっと上がってもよさそうなものである。いかにも6日続落の後で、買いたくて買いたくて仕方のない向きの買い出動であろうと予想される。そうしたロングポジションはもろいものだ。

 しかし欧州時間ではなかなか相場は崩れなかった。私もドル円を118.25でショートに構えていたのだが、まったく117円台に突っ込むこともなし。買い戻しのストップ注文は、昼間の高値のちょっと外側ということで118.40で出してある。今年に入ってからのマーケットのテーマの一つが原油価格なので、日ごろはあまり見ない石油在庫報告の発表まで寝ないで待っていることにした。

 0時過ぎに原油在庫が発表されたが、原油相場にダイナミックな動きはなかった。上下1ドルもない変動幅のみ。しかし値下がりはしているということで、米国株なども下がりだした。マーケットも神経質になっている証拠だ。だが為替相場にはあまり影響はなし。

 ドル円は118円台を割り込まないので、私も118.08で買い戻して取引終了とした。その後、米国株が一段安したので、ドル円は117円台に突入したが、値幅は小さいものだった。

 今日になってドル円はやっと117円台のミドルまで下がってきた。昨日のニューヨーククローズのレベルから比べると、それほども株安は進んでいない。そして原油も安くはない。それでも前日に大きく海外株が下がったのを嫌気してのリスク回避も出てきたのだろう。

 今晩も注目は原油相場と米国株である。ドル円は116円台から118円台のレンジに収まった感じもするが、当面はその両端での逆張りでもワークしそうである。基本は116円台で買い、118円台で売りということだ。


日本時間 15時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る