ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

期待ほどハト派的でなかったFOMC声明、
日銀期待でドル円堅調さキープ

2016年01月28日(木)15:14公開 (2016年01月28日(木)15:14更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は118円台の前半、ユーロドルは1.08台の後半であった。夜中にFOMCの結果発表を控えているので、アジア時間から総じて様子見の姿勢が強まっており、為替相場は値動きが乏しい。どちらかに動き出そうにも見えるのだが、やはりFOMCの結果を見てから手を出したいというところなのだろう。

 昨年末から原油は安いし、それにともなって世界的に株も安いので、妙にFOMCに対して緩和期待が高まっている。それは先週のECBが先延ばしベースの緩和期待を盛り上げたこととも関連付けてのことだろう。一部ではすでに3月利上げは吹き飛んだという観測もたっている。

 前回、利上げしてまだ1か月も経っていないというのに。しかしそれでもここ1週間でリスクテークの機運が高まったのは事実だ。そしてそれに基づくポジションもたまってきている。

 FOMCではまだ経済指標や原油相場の動向を見たいだろうから、次のアクションはどうするとか明言を避けるに決まっているが、それでもあまりハト派的な声明文が出てこないとポジション調整が急がされることになりそうだ。私は昼間のトレードはあきらめて、夜中の直前でのポジションメークに勤しむことにした。つまりドル円かユーロ円を売ってみるのである。

 さて夜中の3時半から私も起き出して、マーケットに参戦。ドル円はまだ119円台に乗せてはいないが、依然として118円台の後半で高値張り付きしている。ユーロドルは依然として意思のない動きをしている。そこで発表10分前にドル円を118.92で売ってみた。

 まずはアゲインスト25ポイントでストップロスを設定する。利食いはその2倍の50ポイントで見ておくのだ。発表の前後では不必要なまでに上下動することも勘案してのことである。

 FOMCの声明文では、やや内容がソフトムードになっていた。原油価格の下落も気にしている。それでマーケットは気を良くして、ファーストアクションではドル買い、株買いで走った。ドル円も119円台に乗せてきた。

 しかし3月利上げの可能性は排除されていなかった上に、現状は依然として緩和的という文言が出てきたことで、相場の流れは10分もせずに反転した。私が注目していたのは米国株である。これが本格的に戻り保証にならない限りは、世の中も緩和期待が裏切られたという解釈で進んでいるのだろうと思う。

 そうなれば簡単にリスクオフとなって、ドル円も下げ続けるだろう。しかしニューヨーク時間の終わりに至るまで、ドル円は118.60あたりまでしか下がらなかった。私もバリューデートの変わる直前に118.62で買い戻した。

 次は日銀の番である。マーケットでは再び根拠のない期待感が強まってきている。昨日の米国時聞での下げの割には、日本株も高い。ドル円も118円台の後半まで上がってきている。この動きは明日の昼間までは続くのであろう。勝負は明日のランチタイム以降まで待ってから仕掛けたいところ。


日本時間 15時00分
 

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る