ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金4000円がもらえる!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
バックナンバー

英ポンド/円は暴落濃厚だが目先は一服か。
アナリストの予想がはずれまくる理由とは?

2016年02月26日(金)18:21公開 [2020年07月07日(火)17:27更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■中銀の自己満足的な政策にマーケットは困惑

 とはいえ、はずれて言い訳するのは一部のアナリストに限った話ではない。世界主要中央銀行の総裁さんは言い訳が得意、そのうち某総裁さんの徹底ぶりは市場関係者を震撼させるほどだ。

 量的・質的金融緩和を2回もやって、何の成果も得られずに終わっていたにもかかわらず、さらにマイナス金利をつけた緩和に冒進、マーケットの逆噴射(株安・円高)を招いた。

 が、張本人からは何の反省もない。言い訳ばかりが繰り返され、さらなるマイナス金利の拡大が示唆されるばかりでは、これからも市場の報復に遭う運命にあると言えるだろう。

 だから、これからもマーケットは波瀾万丈に動くだろう。各国の中央銀行は状況を把握する力を失いつつあり、その一方、自己満足的な政策を推進している。マーケットは困惑を深めていくばかりだ。

■金利差と通貨の値動きが逆行している=前途多難

 こういった状況や市場心理を反映したように、世界主要通貨ペアの動向は、金利差と大幅に逆行する様相を呈している。

 本来、金利差は通貨の高安を左右する重要な要素であるが、マーケットが不安定なほど、金利差の決定力は弱まっていくから、目下の状況は前途多難な先行きを暗示しているように受け止められる。その典型は米ドル/円と主要クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)であろう。

英ポンド/円の急落は、もはや金利差の視点からまったく説明できないから、同じく急落した2008年の状況を彷彿とさせる。 リーマンショックの再来とささやかれるなか、かなり高い確率でさらなる暴落につながっていく余地があるから、これからも要注意であろう。

英ポンド/円 日足(上段)、各国政策金利推移一覧(下段)
英ポンド/円 日足(上段)、各国政策金利推移一覧(下段)

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 日足

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:各国政策金利推移一覧

■英ポンド/円は目先一服してもおかしくない

 ところで、英ポンド/円の相場は、現時点までの暴落はいわゆる「李万ショック」(※)の発生がもたらした結果ではなく、日銀政策が招いた円高と英国のEU(欧州連合)離脱騒ぎのダブルパンチが効いた結果であろう。その分、目先のオーバーシュート感もかなり強く、ベア(下落)トレンドの継続はあっても、目先は一服してもおかしくないとみる。

(※編集部注:「李万ショック」とは、今後、中国で発生すると思われるショックを「リーマンショック」になぞらえた陳満咲杜氏の造語)

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 日足

 そもそも英ポンド/円の下落が一服するなら、英ポンド/米ドルの下げ一服が前提条件となるが、今月(2月)終値が1.4ドルの節目より下で引ければ、約30年ぶりの出来事となるから、英ポンドの下げ止まりは、目先あまり現実味がないように思われる。 

英ポンド/米ドル 月足
英ポンド/米ドル 月足

(出所:CQG)

■英ポンド安は行きすぎ、英国のEU離脱懸念は大騒ぎしすぎ

 しかし、そこに大きな落とし穴があるのでは…と思う。

 何しろ、英国のEU離脱懸念によって、英ポンドは急落してきたが、冷静に考えてみれば、英国はユーロ圏ではないし、元々のEUのオリジナルメンバーでもなく(※)、離脱するかどうかということ自体が大袈裟なテーマだと言える。

(※編集部注:EU(欧州連合)の前身はEC(欧州共同体)であり、そのもっとも古い前身はECSC(欧州石炭鉄鋼共同体)。英国はECSCの原加盟国ではなかった)

 実際、英国がEUを離脱するかどうかということには形式上の問題が多く、仮に離脱してもいくつかの協議で今の地位を保つことは可能だから、騒ぎ自体が行きすぎだといった指摘が出始めている。

 マーケットはいつもそうであるが、1つの材料をもって徹底的にトレンドを推進していくが、やがてそのトレンドが行きすぎ、反転のタイミングに差し掛かる。

 不思議にも、反転のタイミングに差し掛かっている時、なんらかの事情でファンダメンタルズの材料が後づけで出てくることが多いから、マーケットは一層、先の行きすぎを修正していく。

 断っておくが、筆者はこれからの英国の材料を推測できるわけではなく、単純に英ポンド安の行きすぎを指摘しておきたいにすぎない。

 長期スパンにおける英ポンド安は不変でも、目先はいったん修正される可能性があるから、英国絡みの材料にご注意。市況はいかに。

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2417人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106408人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ