ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円チョッピーだがレベル変わらず、
全人代の目標含め消化具合ウォッチ

2016年03月07日(月)15:53公開 (2016年03月07日(月)15:53更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 さて先週の金曜日はアメリカの雇用統計だった。3月利上げがあるのかないのかの試金石となる最後の機会である。それだけに注目度は高いものがあった。数日前に公表された民間調査の雇用データは良かったので、今回の雇用統計も良いはずだとの観測が先だっている。

 それだけにドル円もユーロ円も、上昇気味で欧州時間を過ごしていた。また日本株もこれまでに4連投もしてきており、さらにグローベックスでは米国株もすっと高値張り付きをしているのである。それだけ雇用統計に向けた期待が大きいということの現れである。

 ドル円はずっと113円台の前半から114円台の中盤までの間を行ったり来たりしている。不思議とレンジ相場を形成している。テクニカル的にも115円を下回ってきて以来は、そこを上限にして動くのは仕方がないが、当面はボックス圏での動きを覚悟しないといけないところだが、やはりそれをブレークできるかどうかも、雇用統計によるところが大きい。

 FEDの金融政策が見えてくると、もうちょっと動きやすくもなるのだろうが…。指標発表の直前のレベルは、ドル円は113円台の後半。ユーロドルは1.09台の後半であった。ドル円もユーロドルもここ最近のレンジのちょうど中央値である。さてどちらにブレるか。

 雇用統計の結果は、良いものであった。就業者数が24万人台の増加となって、それが3月利上げを決定的なものにした。そして為替相場は素直に反映して、ドルが急上昇。ドル円は114円台に乗せてきて、ユーロドルも50ポイントほど下がった。

 グローベックスの米国株なども上昇しているのだが、大きく上昇というほどのこともない。失業率は予想と同じだったが、平均時給がマイナスとなっていた。それが3月利上げの可能性を打ち消しているのだろう。

 そしてドル円は上限にも達せず、反落に向かった。簡単に113円台に押し返され、そして113円台の後半までかなと思っていたのに、存外にも113円台の前半まで押し込まれてしまった。確かにレンジの下限ではあるが、ここまでディップを形成するとは思わなかった。

 ドル円の114円台では売りこんでもいなかったので、今回はやはり何かをしなければと思い、やっとの思いで113.34でロングにした。しかし下サイドを見た後だけに、長くは保有できない。113.50アッパーになると、もはや利食い売り態勢に入っている。利食い売りをしてしまった以降は、ドル円は実に堅調な展開となった。そして再び114円台に乗せてきたりしている。

 さて今週はいよいよ金利会合に向けての地固めが始まる。最初はECBの会合だ。3月に追加緩和すると、すでに表明している。だから12月末のときのような失望を誘わない形での追加緩和が期待されている。しかしマイナス金利の効果に疑問符が打たれている中で、積極的なメッセージをマーケットに伝えるのは相当に困難ではないだろうか。

 また週末に中国の全人代で、向こう5ヵ年の成長目標をプラス6.5%に設定することに決まった。これは過去20年で最も低いレベルだ。これがどのようにマーケットに消化されるのか。これも今週のリスクのありようを探るうえで重要である。


日本時間 15時20分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
CFD口座おすすめ比較 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る