ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

イギリス問題でユーロ全面安、
今晩のFOMCは声明文に注目か

2016年06月15日(水)16:41公開 (2016年06月15日(水)16:41更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 昨日のアジア時間ではリスク回避の姿勢が強まって、ドル円もズルズルと下がってきた。106円台をキープできずに、欧州序盤に至るまでには105円台に突入した。私もドル円をショートに振って、細かく刻んでいく。大きな巻き戻しもなかったので、105円台の中盤まではついていけた。この間、ユーロ円の下げがきつかった。

 欧州勢がユーロ売りに励んでいたので、ユーロクロスが全面安となっている。イギリスの国民投票への不安から欧州売りの形となっているのだが、肝心のポンドはそれほども下がっていないようにも見える。ユーロポンドも下がっているからだ。だからイギリス発の材料とみなすのは早計だ。

 ドル円のサポートとして注目すべきなのは、今年の最安値である105.55である。そこで止まるという必然性はないが、客観的な記録でもあり、しかるに重要なサポートを形成しているはずだ。だからテクニカル的には、まずはそのちょっと手前では買ってみるという作戦を取ることになる。逆にいうと、ここで買わないならば、もうチャートとか見ている必要はないということだ。

 ただしテクニカルといっても万能ではない。引っかかりもせずに、そのまま抜けて行ってしまうかもしれない。それはそれで抜けたら即座に損切りをしてポジションをカットすればいいのだから、それもポイントが定めやすい。まあ、105.65で買えたらいいなあ、という感じと、105.50でロスカット。これでよい。またマーケットでは同じことを目論んでいる向きも多いはずだ。

 最初の押しは105.65を下回ってきたのだが、怖くて買えなかった。これではいかんなと思って、買いにいこうとしたら、そこからの巻き返しは激しかった。106円台まで戻してしまった。なんじゃ、こりゃ、という感じ。完全に失敗だ。素直に自分のアイデアに従って、目をつぶって買っておくべきだった。しかし後悔しても仕方がない。次の押し目は怖がらずに買おう。

 するともう一度同じ水準まで、ドル円は押してきた。ここは買うべしということで、105.68で購入した。むろんストップ注文は105.50で置いてある。18ポイントのリスクなので、2倍の36ポイントは取りたいところだ。ということは再び106円台乗せまで利食いを我慢する必要がある。

 ドイツ債の10年ものの利回りもマイナス領域に入ってきて、いよいよユーロ絡みが重い。ユーロ円の重さがドル円の伸びを妨げている。しかし後はマーケットに任せるしかなく、OCO注文の状態で待つしかない。

 ニューヨークの序盤に107円台に乗せてきたので、そこで速攻で売り払った。前回の戻しも107円台乗せがせいぜいだったからだ。その後のドル円の値動きは実につまらないものに徹していて、106円ちょうどを挟んで狭いレンジに終始した。

 さて今晩はFOMCである。金融マーケットでは完全に6月利上げはないものを織り込んでいる。実際には政策金利に変更はないのだろう。サプライズを期待するとすれば、声明文の中である。

 12月利上げもできなさそうな弱い見通しが優勢だと、ドル相場は大きく崩れることになるだろう。ドル円も105円割れは必至で、ユーロ円はストップロスを巻き込んで3円くらい下がっても不思議ではない。しかし弱い見通しが出るくらいだったら、3週間ほど前のFEDメンバーによる6月利上げの主張は何だったのだろうかという気もする。

日本時間 16時20分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る