ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円104円台後半へジャンプ、
不透明感の増大で値動きの軽さに注意!

2016年06月20日(月)15:07公開 (2016年06月20日(月)15:07更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 国会議員の銃撃事件で、BREXITのEU離脱問題は先行きがわからなくなってきた。これまではいくつもの世論調査の結果で、EU離脱が優勢だということで、マーケットでもそのリスクに備えるべきリスクオフに傾いてきた。

 週を通じて欧州株も米国株も連日のごとく下げ続けてきた。それがEU残留を希望する議員が撃たれたことで、同情票が集まるのではないかとの観測が立ってきたのだ。

 その流れが金曜日のアジア時間にも顕著に見られ、朝からドル円は堅調で、日本株も上値追いの姿勢。仲値決めにかけてもドル円は104円台の後半まで攻め上がった。しかし日銀への失望による急落の直後であるだけに、戻りの場では逃げのオファーが待っている。

 これはわかっていることだが、そこで実際に相場が止まって反転してくるまでは認識できない。上がっているほうに恐怖を感じるからだ。アジア時間も午後になると、ようやくドル円は軟化。そしてドル円は104円台の前半まで下がってきた。上を付けた後の104.50割れとかは売りこみやすい。私も何度かショートに振って、下げを取りに行った。

 もっとドル円は下がってもよいと思ったのだが、なかなか104円ちょうどを割り込んでこない。104.10あたりを底にして、欧州序盤ではやや切り返しの様相。下がり始めたら、また売ろうと思って待っていたが、ニューヨーク時間になっても目立った動きは見られなかった。朝に至るまで、ほとんど値動きはなかったといってもよい。

 さて今週はいよいよイギリスの国民投票である。それまでは要人発言やアンケート調査の結果にマーケットは降らされることになるだろう。しかし銃撃のため、予想はさらに困難になってきており、マーケットとしては不透明要因をひとつ余計に抱えたことになる。その分、軽い値動きとなってしまうリスクが増大しそうだ。ともかくも結果を予想しても意味がない。目の前の動きに忠実に対処するのが一番だろう。


日本時間 15時10分
 

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る