ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円は政策期待で上昇、
FOMCの声明文でもまたひと波乱か

2016年07月27日(水)16:12公開 (2016年07月27日(水)16:12更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日はアジア時間でドル円がゆるんだ。やはり経済対策で財政支出するという事業規模が足りなかったのであろう。小手先の積み上げだけでは、なかなかごまかされないものがある。いったいいくら出すのだということにしか興味がないのだから、官僚の作文みたいなものだったら、マーケットには失望を誘わないではいられない。

 東京市場では完全にリスクオフとなって、日本株の下落をともなってドル円は下げた。先週は107円台を喜んで買っていたはずなのに、いとも簡単に104円台へ。こうなると俄然、意識されるのはイギリスのEU離脱後の半値押しである103円台の前半だ。そこまではあっても驚かないという態勢で臨まないといけない。

 欧州序盤ではドル円はいっそうの下攻めを敢行して瞬間的に103円台にも突入した。すぐに104円台に戻したが、それもやっと104.10とか104.20を維持している程度。いかにも再度の下攻めをやりたがっているようだ。私は昼間の105円割れから戻りを売ろうと構えていたのだが、他の作業などにもかまけて、ついつい売りそびれてしまっていた。

 やっと104.40あたりまで戻してきたので、しかもそこでピタッと止められたようでもあったので、私はちょっとだけドル円を売ってみることにした。随分と中途半端なレベルなのだが、売れずにきたことにシビレを切らしたようなものである。

 しかしここからはドル円は腰が強かった。下がっても10ポイントほどであって、ニューヨーク勢が参入してきても、大した深押しはしなかった。むしろ米国株オープンとともにドル円、ユーロ円は上昇に向かい、私はこの時点でロスカットすることを強いられた。

 まあポジションはスモールなのでクリティカルではないのだが、昼間に手を出さなかった分だけが悔やまれる。結局はドル円は下げらしい下げを演ずることもなしに、105円台乗せの手前まで持ちあがっている。

 今日になってマーケットのリスク許容度が回復したものか、ドル円は105円台に乗せてきた。そして昼間には経済対策の規模が27兆円になるということが報道されて、106円台までジャンプした。

 ファーストアクションはリスクテークで反応したものの、高値が106.50あたりまでつけて午後の日本株が始まると急落。ちょうど1円幅ほどアッという間に落ちた。昨日のドル円の下げ分は埋めきったものの、これで余計に不安定さを増した形になっている。金曜日の日銀会合まではチョッピーな展開が継続しそうである。

 ところで今晩のFOMCだが、ノーアクションが見込まれている。問題は年内利上げのあるなしである。イギリス問題の頃は年内の利上げですら完全に吹き飛んでいたのだが、ここ最近の米国株の歴史的な最高値更新が続いたことで、12月利上げの目も出てきた。

 これを強調するのか、マイルドに包むのか。声明文がハトかタカかが明確に出てくる内容だったりすると、ドル相場はひと騒動ありそうだ。しかし現実には「注意深く見守る」とかの文言が並ぶものだと見られる。


日本時間 16時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.38pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年6月13日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

100万口座達成!

GMOクリック証券[FXネオ]

最短即日取引可能なGMOクリック証券!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る