ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円レジスタンスを目前に失速、
多くのイベント控えて本日は小動きか

2017年01月30日(月)14:55公開 (2017年01月30日(月)14:55更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 先週は世界的に株価が高値追いの週となった。米国株は連日の歴史的な最高値を更新してきており、依然として高値圏を維持している。ダウ平均が2万の大台を突破してきたのは、その象徴とされる。

 しかし米企業の決算がおおむね一巡してみると、企業利益が株価水準に達していないことがわかってきた。つまり株価を図る尺度の一つであるPERが、過去の平均である15倍をはるかに超えてしまうレベルまで買い進まれているということだ。

 それでもマーケットの解釈では、これからトランプ政権がいろいろと実行してくるだろうという将来の期待に基づいているのである。つまりまだ期待先行のマーケット状態が続きそうだということだ。

 金曜日は欧州序盤に向けてドル円が上昇してきた。115円台に乗せてきて、レンジスタンスとなっている115.60あたりを狙う。これは今年のドル円のレンジの半値なのだ。先々週にも戻した際には、ちょうどそのあたりで止められている。115円台のミドルでどのような挙動を見せるのかが、注目となる。

 アメリカのGDPは予想を下回って、プラスの1.9%だった。データが出た瞬間にドル円は下がりはしたが、すぐに値を戻した。結果としては発表を通じて、それほども動かなかったことになる。

 ドル円もショートカバーの勢いでもっと上がるかと思われたが、115.35あたりまで。私は115.45でオファーして待っていたのだが、それは売れなかった。追いかけてでも売ろうかと思ったが、115円台を何とかキープしていたので無理して売ることもないだろうと思って何もしなかった。

 今週は日本を始め、欧米でも金利会合がある。金融政策の重要性は薄まってきているのは確かだが、それでも注目材料の一つではある。大どころの企業決算の発表も相次ぐし、また週の後半にはアメリカの雇用統計も控えている。

 そしてトランプ政権は発足から第2週目を迎えることとなるが、ツイッターでまた何かつぶやくのではないかと市場関係者は目を光らせている。ただ中国が長い休みに入っているので、昼間のアジア時間では相場の動意は小さい

日本時間 14時50分

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る