ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

BS縮小の議論なしでドル弱含み、
材料薄だがドル円ショート目で

2017年02月23日(木)16:26公開 (2017年02月23日(木)16:26更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日は欧州時間でドル円やユーロ円が下げた。最近のパターンとしては珍しい図式である。しかしマーケットの関心は議事録の公開に集まっており、アクティブなトレードはまったく見られなかった。3月のFOMCまでもう2、3週間くらいになっているので、すでに過去の記録であっても気にせずにはいられないといったところだ。

 利上げが問題にならないだろうということは、昨日も書いた。利上げ動向よりも注目すべきであったのは、むしろ量的緩和のほうである。テイパリングして久しいが、実態はFRBの抱えるバランスシートはまったく縮んでいない。

 満期を迎えた債券は買い直しているのが見て取れる。これを買い直さないようにしないと実質的なタイトニングには結びつかないので、名目だけ金利をいじっても効果がないのである。やった振りをしているだけなのである。

 そこで議事録を見ると、BSの縮小は議論されなかったことになっている。つまり緩和モードのままなのである。それを受けて米国株は上昇に転じ、ダウ平均などは9日連続での歴史的な最高値の更新を演じている。これは30年ぶりだそうだ。要するにブラックマンデーの直前のことである。

 一方で量的緩和がそのままだということで、ドルが売られることとなった。議事録の公開までは何を期待したものか、ドル買いが進んでいたのだから、その反動ということだ。

 ドル円は112円台にも突っ込んだが、破壊力はない。値幅も大きくなく、議事録の内容としては何も目新しい発見はなかったということでマーケットのほうも動きようがなかったのだろう。

 週の前半にちょっと買いこまれたドルロングの調整が気になるところだ。今日も大きなイベントはないので、ポジションの偏りやテクニカルなものに支配される状況が続きそうだ。

 とりあえずドル円に限っては、昨日の安値である112.90あたりを下抜けしてきたら、追撃ベースであっても売りこんでいった方がよいように見受けられる。あらかじめ売りのストップ注文を置いておくのも一手だし、目で抜けたのを確認してからでも順張りでワークしそうだ。

日本時間 16時20分

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る