ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米国追加利上げ可能性がググっと高まる!
なのに、米ドルを買いきれないのはなぜ?

2017年03月02日(木)14:55公開 (2017年03月02日(木)14:55更新)
今井雅人

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■米国の追加利上げ可能性が、ググっと高まった

 いよいよ、米国の追加利上げの可能性が高まってきました。

 これまで、ダドリー・ニューヨーク連銀総裁やウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁をはじめとするFRB(米連邦準備制度理事会)の関係者が利上げに関して前向きな発言をしてきましたが、本日3月2日(木)早朝には、FOMC(米連邦公開市場委員会)メンバーの中でも、もっともハト派として知られているFRBのブレイナード理事が、講演で米国の利上げに関して「すぐに適切になりそうだ」と発言しました。

FRBブレイナード理事

ハト派として知られているFRBのブレイナード理事。米国の利上げについて「すぐに適切になりそうだ」などと発言し、ますます米利上げ期待が高まってきた!(C)Bloomberg/Getty images

 もう少し詳しく言うと、「前進が続くと想定すると、追加的な緩和を解除し、緩やかな道筋をたどり続けることがすぐに適切になりそうだ」と指摘。

 「我々は完全雇用に近付いており、インフレは我々の目標に緩やかに向かっている。海外の経済成長は足元が固まりつつあり、見通しへのリスクは過去に見られていたような均衡に近い」と説明したわけです。

 これで、3月14日(火)~15日(水)に行われるFOMCで0.25%の利上げを実施する可能性が、相当、高くなってきました。

■米国の雇用状況を見ると、利上げ余地は大きい

 もともと、米国の雇用状況はリーマンショックで大幅に悪化していましたが、現在は普通の景気状況の時の水準に戻っています。

米失業率推移

※Bloombergのデータより、ザイFX!編集部が作成

 大体、5%程度の失業率の時は、米国の政策金利は4~5%程度はありました。それが現在は、0.50%-0.75%。まだまだ、金融はかなり緩んでいる状態ですので、利上げの余地は大きくあります

米政策金利推移

※FRB発表のデータより、ザイFX!編集部が作成

■消費者物価指数は、目標値2%を上回ってきた

 また、消費者物価指数は上昇傾向にあり、目標値の2%を上回ってきています。

【参考記事】
利上げ期待高まって上昇した米ドル/円。けれど、115円手前で失速した理由とは?(2月16日、今井雅人)

米消費者物価指数(前年比)推移

※Bloombergのデータより、ザイFX!編集部が作成

 FRB、FOMCの役目は、法律で「物価を安定させること」と「雇用を拡大させること」の2つと定められています。

物価が上昇してきて、雇用はすでに拡大しているのではあれば、当然、利上げしていくということになるわけですから、ごく自然の流れでしょう。

 また、3月1日(水)には…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る