ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

失望の税制改革案でドル円も失速、
イベントたくさんだが評価見極めたい

2017年04月27日(木)16:12公開 (2017年04月27日(木)16:12更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はアジア時間でもドル円は111円台でしっかり。短期的な需給だけを考えても、上値攻めが正しく見える。値動き的にもこのあたりまでかなと枠をはめてしまうのも変だ。私も高いのを承知しておきながら、ドル円を111.22でロングにしてみた。

 欧州時間では111.40あたりまで上がってきたが、やはりニューヨーク時間が気になるところ。ストップロスを自分の買った場所と同じにして様子を見る。なにしろニューヨーク市場での注目は、トランプ大統領が予告していた税制改革の公表である。

 すでにメキシコの壁の費用の問題は9月まで先送りが決定されているが、改革案がどの程度まで「驚くべき」ものなのかに関心が集まった。国境税の扱いはどうなるのか。エルサレムの大使館は。法人税は本当に劇的に下げるのか。

 ニューヨーク時間ではドル円は111.70あたりまで上げてきた。しかしそこから急激に売りに見舞われて、私の損切りがついてしまった。何ということ。そして悔しいことに、すぐにドル円は上昇に向かったのである。なんだか私のためだけに下げてきたよう。まったくの不愉快ではあったが、マーケット次第なので仕方がない。

 ご丁寧に再び111.70あたりまで値を戻してきて、米政府筋からNAFTAからの脱退命令が出そうだという報道が流れた。ちょっとドル相場が崩れそうになったが、すぐに元に戻った。やはり市場の関心は税制改革にのみあるようだ。

 夜中に公表された税制改革の結果はタカ派的なものではなく、どちらかというと失望ものだった。メキシコの壁はやらないと事前から言っていたので驚きはないが、国境税は含まれていなかった。

 そして法人減税だけが示されたが、その財源の手当ては明示していない。議会の同意を得られるかわからない状態での「驚くべき」税制改革案となった。

 国内企業の外国利益の還付を、1回限りの課税で済ますことも発表されたが、これがどの程度、国庫を潤すのかは不透明のままだ。失望をさそって米国株は安値引け。ドル円も110円台に突っ込んだりしている。

 今日は税制改革の評価を見極める一日となる。欧州株を始め、米国株が一段安するのかどうか。それはマーケット全体のリスク許容度をうらなうことになる。なおニューヨーククローズ後には多くの大手ハイテク企業の決算発表があり、今夜が企業決算の山場となる。

日本時間 16時00分

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る