ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

FOMCで買い戻されたドル、
それでも上値は重たいまま

2017年06月15日(木)16:23公開 (2017年06月15日(木)16:23更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はアメリカの金利会合だった。それまでは様子見姿勢が続くかと思われたが、夜の9時半発表の経済指標があまりにも悪かったので、マーケットはそれにいち早く反応することとなった。

 GDPの元となる個人消費のありようを確かめる小売売上高が、まったくの伸びを見せなかった。またCPIは予想よりも低かったが、こちらのほうはPPIに比べて遅行指標なので影響は少ない。グローベックスでの米国株も下げに転じ、為替相場ではドル円が1円以上も急落。

 私はFOMCが終わったらドルが下がると読んでいたので、経済指標でこんなに動くとは考えていなかった。むしろ小休止モードで構えていたので、このおいしいドルの下落にはついていけなかった。

 109円台の前半まで突っ込んでも5月以来の安値圏がすぐそこに控えている。だから109円台の前半というのは売り場ではないのだ。多少なりとももんでしまう可能性もあるし、場合によってはサポートされて反発してしまう。

 しかしニューヨーク勢のドル売りはやまず、108円台にも突っ込んできた。108円台というのは、今年の最安値レベルである。私もついドル円を売り込んでしまった。108.95である。

 ドル円はそこからは目だって下がることはなかった。再び109円台に値を戻してきたので、私は速攻で買い戻すハメになってしまった。FOMCの結果が出るまで、まだ間があったからである。

 そうした流れでリスク回避の状態でFOMCを迎えることとなった。結果は事前の予想通りで、0.25%の利上げである。こちらのほうは驚きはないのだが、強いて注目すべきポイントがあったとしたら、それは年内の保有資産の縮小に言及したことだろう。

 これとても予想されていたことなのだが、具体的に数量と時間軸を示したことが目新しい。しかし今までは「議論もしなかった」と繰り返してきていたので、その状態でいきなり数量まで出てくるものかという、過去のコメントの整合性が今後は問われそうだ。

 ともかくもFOMCとイエレン議長のトークで、ドルは買い戻され、さらなるリスクオフは回避された格好となった。ドル円は109円台の後半まで戻ってきた。つまり1円級のショートカバーである。

 しかし上値は重いままだ。本日のアジア時間では再度の見直し売りも出ている。今晩は経済指標が数々出てくるが、一喜一憂して振り回されることなく、私としてはドルベアで構えたいと思っている。

日本時間 16時20分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る