ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

今年の最安値圏に突入したドル円、
底値拾う動きもありゆくえ注視

2017年08月14日(月)15:27公開 (2017年08月14日(月)15:27更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 先週の金曜日は日本が休みだったが、地政学的なリスクの盛り上がりもあって、マーケットは要ウオッチ態勢となった。木曜日にドル円は109円台の前半まで値を下げてきた。

 そして金曜日の午前中、東京勢不在の休日にはあっさりと108円台に突入。でもだからといって、それでリスク回避の底打ち感は出てこない。あくまでも北朝鮮からの発表と、米政権からの姿勢の表明が待たれるところだ。

 今年の最安値圏に到達してきたドル円だが、108円台ですらキープできずに割り込んできたならば、それは即、リスク性の高まりを意味することになる。テクニカル的にもたいへんわかりやすい。

 しかし逆にいうと、ドル円がここで踏みとどまっている限りは、リスク回避もここまでだという見方から底値を拾う動きも強まるのである。それは強力なドルのショートカバーを巻き込むかもしれない可能性を意味しているのである。

 だからドル円の108円台はなかなかに売りづらい。どうせ同じ売るならば107円台という大台を目にしてからでも遅くはないだろうという認識があるからだ。

 結果として金曜日のセッションでは、リスクの下割れは回避された。しかし米国株は反発はしかけるものの、頭は完全に抑えられる格好となった。やはり週末を控えているために、ここで不必要なリスクは取れないと踏んでのことだ。

 今週もイベントは少ない。それで必然的に北朝鮮問題がトピックの中心となる。中国やロシアが話し合いによる解決を模索しているようなので、それがどの程度のマーケットの不安心理の払しょくに貢献できるのか。またドル円の107円台は回避できるのか。そのあたりが見ものとなる。

日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る