ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円やっと下ブレークし107円台、
目指すは104円台か

2017年09月08日(金)15:23公開 (2017年09月08日(金)15:23更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は欧州序盤でドル円がやや軟化。109円ちょうどを割り込んできて、108円台に突入してきた。しかしここ数度の跳ね返りを経験しているので、108円台に入ったからといって、そう簡単には売っていけない。要注意ゾーンなのである。それを意識しないといけないほど、サポーティブなのである。

 ニューヨーク序盤ではドル円は108円台の中盤まで差し込んだ。しかしすぐに109円ちょうど近くまで押し戻された。やはり今度もダメなのか。緊張感をみなぎらせながらも、なんか大きな脱力感に見舞われる。

 外部要因というかファンダメンタルズは決して良くはない。それでここのレベルで踏ん張るどういう正当性があるというのか。だが事実として、それでも下がらないものは仕方がない。

 ニューヨーク序盤でドル円が下がってきたのはドラギ総裁の発言のせいでもあろう。ECBが10月にもバランスシートの縮小に向けて行動を起こすと発言したのだ。これはユーロのタイトニングである。ドラギ発言が出る前からも期待はされていたが、ユーロの買い材料である。

 それでユーロドルは多少、上下に乱高下はしたものの、ユーロが上昇。ユーロドルは1.20台に再び乗せてきた。これが間接的なドルのデバリューを引き起こした側面もある。そしてドルの地合いが弱い中、つまりドル全面安の流れが続いてきていたが、日付が変わった時点あたりからドル円も目立って下がってきた。

 ちょっとやる気の失せていた私も俄然、力が出てきた。「108.17-18」とか表示されてるに及んでは、「あとちょっとだ。がんばれ」と心の中でつぶやいたものだ。そしてやっとブレークした。私も嬉々として108.08で売っていった。

 「108.04-05」というのは目にしたのだが、それより下はなかった。買い戻しにかかったが、108.11で買い戻すのがやっと。なんのこっちゃ。相場の端っこだけ参加したことになる。その後、フテ寝したが夜中には108.790あたりまで戻っているではないか。

 さて今日は昼前にユーロドルが吹き上がった。8月下旬に付けた1.2070という今年の高値を超えてきたのである。そして2時間ほど遅れてドル円も107円台に突入。昨日の下攻めが不完全燃焼だったこともあって、今日のドル円の下げではたっぷりと投げ売り分もでてきているようだ。

 北朝鮮が9日にミサイル発射が心配されている中で、わざわざリスクテークをしていくプレーヤーは少ないだろう。株価の一段安も交えて、ドル円ももう1円ほどの下げを演じてもおかしくはない。

 昨日は米長期金利が低下して、10年ものの利回りは大統領選の前の水準に戻った。ドル円も大統領選の前の水準である105円台とか104円台まで見てもいいのではないかという感じもする。

日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る